電話番号

営業時間:
OPEN 10:00 ▶ CLOSE 17:00
定休日:
日曜日(年末年始は連休を頂きます)

チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市天白区 > 名古屋市天白区の中学校 > 名古屋市立天白中学校

名古屋市立天白中学校

【名古屋市立天白中学校に通える小学校】
●名古屋市立天白小学校
●名古屋市立山根小学校
特別学級▶知的障害学級、自閉症・情緒障害学級あり
2004(H16)年に名古屋市学校保健優良校表彰を受けています。玄関は緑化され、校舎の前には大きな藤棚があり、快適な学習環境づくりに力を入れています。近年、男子バレーボール部が創部されました。

名古屋市立天白中学校の画像1

  • 名古屋市立天白中学校の画像1
  • 名古屋市立天白中学校の画像2
  • 名古屋市立天白中学校の画像3
  • 名古屋市立天白中学校の画像4
  • 名古屋市立天白中学校の画像5

名古屋市立天白中学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市天白区池場5丁目1014 MAP
交通 名古屋市営鶴舞線 植田駅
名古屋市営鶴舞線 塩釜口駅
名古屋市営鶴舞線 原駅
電話 052-801-5141
営業時間 名古屋市立天白中学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL https://www.nagoya-c.ed.jp/school/tenpaku-j/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【天白中学校について】
天白区にある名古屋市立天白中学校は、地下鉄鶴舞線植田駅から徒歩約25分の場所にあります。閑静な住宅地の中にある中学校で、周辺は豊かな自然に恵まれているのが特徴です。今回は天白中学校の持つ特徴や学区内の住環境、構成小学校区や寄せられている口コミをご紹介します。天白区内で引っ越しを考えている、中学生がいるファミリーに向けた記事となっているので、ぜひ参考になさってください。

【天白中学校の特徴は?】
まずは天白区にある名古屋市立天白中学校の特徴を見ていきましょう。
<学校努力点>
学校努力点とは、教育活動の一般方針となる名古屋市学校教育の努力目標を受け、各小学校が生徒の実態や実情に応じて設定した独自の方針です。2021年(令和3年度)における天白中学校の努力点は、以下のようになりました。
●つながる心、あふれる笑顔(言葉で伝え合う力を高めよう)
そのための努力目標と重点事項を、次のように定めています。
●目的を明確にした計画的な活動:単元計画の工夫や授業計画の工夫
●伝え方と受け取り方の学習:なごやっ子チャレンジスピーチの活用や漢字、語彙などを習得する取り組みの工夫
●活発的な対話の支援:グループ構成や教具の工夫、活動形態の工夫やICTの活用
●学習効果の検証:評価場面と評価方法の工夫
上記4つのテーマを設定し、定められた教育ビジョンの実現を目指しています。
<名古屋市学校教育の努力目標とは?>
2021年(令和3年度)における努力目標は、以下の内容です。
●なかまと学び夢を創る
上記の目標を達成するために、重点項目を次のように定めています。
●なかまとの対話を大切にし、ICTを活用しながら主体的に学ぶ子どもの育成
なかまなビジョンに基づいた、お互いに認め合う学級づくりと授業づくり、なかまと学びを深める授業づくりを推進しています。また生徒一人ひとりの進度や能力、関心に応じた個別最適化された学びを提供しているのも、大きな特徴です。実生活に生きて働き、各教科などの基本となる言葉の育成にも力を入れています。
●自他を大切にし、人生をたくましく生きる力を備えた子どもの育成
自他の命を大切にし、お互いの存在を尊重する態度を育んでいるのも、天白中学校の特徴のひとつです。社会的・職業的自立に必要な基盤(資質や能力)を身に付けるためのキャリア教育を充実させています。進んで運動に親しむための指導を充実させたり、子どもの悩みに対応したり、専門職や関連機関と連携した支援体制を充実させているのも、特徴のひとつといえるでしょう。
<天白区にある天白中学校で実施している部活動>
天白中学校では、以下の部活動を実施しています。
●野球部
●男子サッカー部
●バレーボール部
●バスケットボール部
●テニス部
●ソフトボール部
●吹奏楽部
●文芸部
部活動加入率は約40%で帰宅部を選択することも可能です。中学校への入学を機に、部活動に励むお子さまも多いのではないでしょうか?天白区にある天白中学校は、運動系の部活動と文科系の部活動、バランス良く実施されています。得意なことを伸ばしたり好きなことに没頭したり、勉強だけでなく部活動もぜひ楽しんでください。

【天白中学校周辺の住環境は?】
次に天白区にある天白中学校周辺の住環境をお伝えします。
<きれいに整備された天白川>
天白区にある天白中学校の周辺には天白川という川があり、散策路と八事周辺の丘陵地を巡るコースになっているのが特徴です。全長は約8.3kmで、所要時間約2時間20分のコースとなっています。後半の八事周辺は丘陵地のため、高台からは美しい景色を眺められるでしょう。きれいに整備された川なので、お子さまと一緒に散策や散歩の際も安心して利用できます。
<市民の手によってつくられた相生山緑地>
相生山緑地とは名古屋市の東部丘陵に残る樹木地で、身近な自然として取り扱われています。いきもののエリアやつどいの広場、日だまりのエリアなど複数のエリアにわかれていて、エリアごとに異なる自然を楽しむことが可能です。やすらぎコースやはりきりコース、たんけんコースやふれあいコースといった道順を進めば、散策や散歩も楽しめるでしょう。ちなみに相生山緑地は、地主の方から土地を借り、市民の憩いの場として整備された樹木地です。とても広大な敷地であることから、買収するためにはたくさんのお金が必要になるため、「だれもが利用できる身近な自然」になるまではまだまだ時間がかかります。市民と行政が一体となり、芝刈りや創作活動をおこないながら、良好な雑木林に育てていくのが最終的な目標です。
<東部丘陵の自然が残された天白公園>
天白川公園は天白区のほぼ中央に位置する公園で、3つの山と大きな池があるのが特徴です。起伏に富んだ地形と東部丘陵の自然が現在も残され、地域のお子さまの大切な遊び場となっています。多くの緑に囲まれた公園ですが、滑り台などの遊具も設置されているので、放課後の遊び場としても活用できるでしょう。このように天白区の天白中学校周辺は、自然豊かな住環境に恵まれているのが魅力です。お子さまを持つファミリーが引っ越し先を探すとき、立地や家賃、間取りだけでなく、公園の有無や住環境の良し悪しが気になるかと思います。天白中学校周辺は緑が多い環境のため、のびのびと暮らせるでしょう。

【天白中学校を構成する小学校区や寄せられている口コミ】
最後に天白区の天白中学校を構成する小学校区や、寄せられている口コミをご紹介します。
<天白小学校>
天白中学校を構成する小学校としてまず挙げられるのが、天白小学校です。
給食などの時間を利用して、1年生と6年生が交流する機会を設けたり、先述でご紹介した天白川で自然に触れたり、さまざまな学習に取り組んでいます。
<山根小学校>
山根小学校も、天白中学校を構成する小学校のひとつです。学区内に先述した相生山緑地があり、総合学習や生活科の時間に自然探検を実施しています。4年生からは部活動も始まり、野球部とソフト部、水泳部の3つから選ぶことが可能です。
<天白区の天白中学校に寄せられている口コミ>
天白中学校に寄せられている口コミを、以下にまとめました。
●子どもが楽しく通学していて、良い先生が多い。穏やかな生徒が多いためかいじめの話は聞いたことがありません。
中学生になると交友関係が広がるため、「いじめ問題が気になる」という方も多くいらっしゃいます。生徒だけでなく先生に対する評価も高いため、安心して通わせられそうです。
●近隣の学校に比べて校庭が広い。体育大会も保護者が安全に観戦できる。建物は古いけれど、エアコンは全教室に完備されている。
天白中学校は施設に対しても高い評価を得ています。天白区内ではもっとも開校年度が古い中学校ですが、大きなトラブルもなく、「清潔感が保たれている」といった声も多いです。
●ソフト部は県大会優勝するほど有名で、最近ではサッカー部も強い。
天白中学校は運動系の部活が強いことが伺えます。専門の先生が指導することもあり、生徒も熱心に活動しています。テスト前にはノー部活動デーを設けてくれるので、勉強との両立も無理なくできそうです。

【まとめ】
天白中学校の特徴や学区内の住環境、構成小学校区をご紹介しました。天白中学校は住環境に恵まれ、高評価の口コミも多い中学校です。

名古屋市立天白中学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約