電話番号

営業時間:
OPEN 10:00 ▶ CLOSE 17:00
定休日:
日曜日(年末年始は連休を頂きます)

チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市南区 > 名古屋市南区の小学校 > 名古屋市立笠寺小学校

名古屋市立笠寺小学校

【笠寺小学校に通える町名一覧】
阿原町※/石元町1~3、4※/笠寺町/粕畠町/柵下町/桜本町※/塩屋町5※、6/立脇町/千竃通6※、7/寺部通/戸部町4※/鳥山町/道全町/西桜町※/西田町/星崎町(阿原※、殿海道※)/星園町/星宮町/本地通/本城町/前浜通2~7/松池町2~3/松城町/元塩町6/本星崎町
※マークの付いた町名・番地は他の学区と一部重複していますので南区役所までお問い合わせください。
南区役所:TEL(052)811-5161
特別学級▶知的障害学級、自閉症・情緒障害学級
進学先▶本城中学校

名古屋市立笠寺小学校の画像1

  • 名古屋市立笠寺小学校の画像1
  • 名古屋市立笠寺小学校の画像2
  • 名古屋市立笠寺小学校の画像3
  • 名古屋市立笠寺小学校の画像4
  • 名古屋市立笠寺小学校の画像5

名古屋市立笠寺小学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市南区本星崎町字本城765 MAP
交通 名鉄名古屋本線 本星崎駅
東海道本線 笠寺駅
名鉄名古屋本線 本笠寺駅
電話 052-821-5188
営業時間 名古屋市立笠寺小学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL https://www.nagoya-c.ed.jp/school/kasadera-e/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【笠寺小学校について】
未就学児や小学生のお子さまをもつご家族にとって、転居先の小学校の教育方針や特徴はぜひ知っておきたいポイントですよね。そこで今回は愛知県南区へ引っ越しを予定されているファミリーに向けて、名古屋市立笠寺小学校についてご紹介。名古屋市立笠寺小学校の教育方針やいじめ防止策、歴史などの特徴や進学先となる中学校の情報まで総合的にまとめていますので、お子さまのための情報としてぜひお役立てください。

【笠寺小学校の教育方針やいじめ防止策】
笠寺小学校は明治5年に学制発布を受けた歴史ある公立小学校です。ここではまず南区にある名古屋市立笠寺小学校の教育方針や、気になるいじめ防止対策について見てみましょう。
<笠寺小学校の教育方針とは>
名古屋市立笠寺小学校では教育方針として、令和3年度の努力点を以下のように定めています。
●話そう!書こう!「ことばの力」パワーアップ大作戦
●プロジェクト型学習をとおして「ことばの力」を高めることができる笠寺っ子の育成
社会の多様化が進み「個別化」「協同化」「プロジェクト化」を融合した学びが求められている昨今の情勢を踏まえ、令和3年度は「プロジェクト型学習の事例研究」や各学年の発達段階に応じた資質・能力の育成を図ることをめざしています。具体的には、それぞれの学年で基本となる「授業デザイン」を作成、児童自ら調べて話し合い、考えて表現する活動をとおして1人1人の「ことばの力」を育みます。たとえば1年生では1人1人が興味・関心を持つ生きものをテーマに設定し「見聞きしたことを文章に書いて発表する」力を培うため、活動計画を立てて追究。各学年で設定された育てたい資質・能力に合った活動場面を取り上げ、研究授業とする計画です。
<笠寺小学校のいじめ防止基本方針とは>
保育園や幼稚園を経て本格的にクラス単位で学びはじめる小学校では、いじめ問題も大きな心配事の1つ。笠寺小学校をはじめ名古屋市立小学校では、近年、問題となっているいじめについての基本方針を打ち出し、いじめ防止策として以下のような対策を図っています。
<笠寺小学校いじめ防止基本方針>
①基本理念
●すべての児童が安心して学校生活を送り、さまざまな活動に取り組めるよう、学校内外を問わずいじめがおこなわれないようにする
●すべての児童がいじめをおこなわず、いじめを認識しながら放置することのないよう理解を深める
●いじめを受けた児童の生命・心身保護の重要性を認識し、各機関との連携のもと、いじめ問題を克服する
②校内体制:「いじめ等対策委員会」を中心に教職員間の緊密な情報交換や共通理解を図り、一致協力して対応する体制で臨みます。
③教職員1人1人の心構え:教職員の言動が児童を傷つけたり、ほかの児童によるいじめを助長したりすることのないよう指導の在り方に細心の注意を払います。
④未然防止の取り組み:心の通じ合うコミュニケーション能力を育み、規則正しい態度で授業や行事に参加・活躍できるような授業づくり、集団づくりをおこないます。
⑤早期発見の取り組み:子どもをきめ細かく見守り、アンケート調査、教育相談における面談などによって日常の児童の様子を把握することに努めます。
⑥いじめに対する措置:教職員全員の共通理解のもと、保護者の協力を得て教育委員会・関係機関などと連携して対応にあたります。
その他の対策:上記のほか、⑦子ども応援委員会との連携⑧校内研修の実施⑨学校評価の実施といった万全の体制のもと、各小学校でいじめ防止に取り組んでいるようです。
<笠寺小学校の概要>
●所在地:愛知県名古屋市南区本星崎町本城765
●交通アクセス:名鉄「本星崎」駅から徒歩約8分
●児童数:456名
●教員数:24名

【笠寺小学校の歴史的な特徴】
続いて名古屋市立笠寺小学校のある場所や歴史など、知っておきたい特徴をご紹介します。
●笠寺小学校が建つ「星崎城址」の特徴
笠寺小学校は、400年ほど前に建てられた星崎城の「星崎城址」にあります。星崎城は鎌倉時代に尾張の守護、山田二郎重忠が築いた城で、その後しばらく子孫が住んだ後、一旦廃城となりました。その後、安土桃山時代に鳴海の土豪、花井右衛門兵衛が星崎城に住むも、山口左馬助の謀反により織田信長に領地を没収されます。1527年に岡田助右衛門直教が初代星崎城主に、その子が2代目城主となり、以降、城主を代えながらさまざまな戦の末、1588年に廃城となりました。
●笠寺小学校の校名の由来となった「笠寺観音」の特徴
「笠寺観音」は尾張四観音として古くから有名なお寺で、笠寺小学校の校名をはじめ笠寺の地名の由来となっています。正式名称は「笠覆寺」で、節分などの年中行事や六の市がおこなわれ、地元の人に親しまれています。厄除けや健康のご祈祷などもできるため、笠寺小学校の学区に引っ越した暁にはファミリーで出かけてみるのもよいでしょう。

【笠寺小学校の学区と進学先の中学校】
最後に、笠寺小学校の学区と同区域の中学校について紹介します。
<笠寺小学校の学区>
名古屋市立小・中学校では通学する学校を自由に選択する制度を導入しておらず、住んでいる町や小学校によって進学する中学校が決まります。南区にある名古屋市立笠寺小学校の学区は以下のとおりです。
●石元町1丁目から4丁目・笠寺町・粕畠町・柵下町・桜本町・塩屋町5丁目・塩屋町6丁目・立脇町・千竈通6丁目・千竈通7丁目・寺部通・道全町・鳥山町・西桜町・西桜町・西田町・崎町字阿原・星崎町字殿海道・星園町・星宮町・本地通・本城町・前浜通2丁目から7丁目・松池町2丁目から3丁目・松代町・元塩町6丁目・本塩町6丁目・本星崎町
<笠寺小学校の学区内にある本城中学校>
名古屋市立笠寺小学校を卒業すると、ほとんどの児童が名古屋市立本城中学校へ進学します。近い将来のために、ここでは南区にある名古屋市立本城中学校についての基本情報をご紹介します。
本城中学校の令和3年度の努力点目標と校訓は、以下のとおりです。
●努力点目標:「仲間とともに」~学び合う・高め合う・認め合う活動を通して~
学校活動のみにとどまらず行事などのさまざまな場面で、仲間とともにおこなう活動をサポート。さまざまなことに興味・関心を示し、次に何をするのだろうかといった意欲の喚起や基礎・基本の定着をめざしています。具体的には「少年の主張」と題し、ふだん伝えられない家族や友だちへの思いを発表し合ったり、生徒会ではパソコンを使って募金の必要性をアピールしたりするなど、生徒自らが考えて行動する場も多く、中学校生活において1人1人の自主性が育まれているようです。
<本城中学校の概要>
●所在地:愛知県名古屋市南区鳥山町3-1
●最寄り駅:本城中学前(バス停)
●盛んな部活動: 女子ソフトボール部・女子ソフトテニス部・男子剣道部

【まとめ】
笠寺小学校の教育方針や特徴、進学先となる名古屋市立本城中学校の情報はいかがでしたか?笠寺小学校は、400年ほど前、星崎城があった場所に建てられた歴史ある小学校なのですね。校名の由来となっている「笠寺観音」も季節ごとに行事があって子どもたちも楽しく参加できそう。未就学児や小学生のお子さまとともに愛知県南区へ転居するなら、名古屋市立笠寺小学校の学区に絞って候補地をピックアップするのもいいかもしれませんね。

名古屋市立笠寺小学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

  • 1K/19.66㎡
  • 4.6万円
  • 約323m/5分

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約