電話番号

営業時間:
OPEN 10:00 ▶ CLOSE 17:00
定休日:
日曜日(年末年始は連休を頂きます)

チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市南区 > 名古屋市南区の小学校 > 名古屋市立大磯小学校

名古屋市立大磯小学校

【名古屋市立大磯小学校に通える町名一覧】
荒浜町1丁目~4丁目/大磯通/北内町/塩屋町1丁目~4丁目/塩屋町5丁目※/城下町/曽池町/千竃通1丁目~5丁目/千竃通6丁目※/戸部町1丁目~2丁目、4丁目/戸部町3丁目/松池町1丁目/薬師通/呼続4丁目※
※マークの付いた町名・番地は他の学区と一部重複していますので、詳しい学区割りについては南区役所まで直接お問い合わせください。
南区役所:TEL(052)811-5161
特別学級▶自閉症・情緒障害学級あり
進学先▶名古屋市立新郊中学校

名古屋市立大磯小学校の画像1

  • 名古屋市立大磯小学校の画像1
  • 名古屋市立大磯小学校の画像2
  • 名古屋市立大磯小学校の画像3
  • 名古屋市立大磯小学校の画像4
  • 名古屋市立大磯小学校の画像5

名古屋市立大磯小学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市南区北内町5丁目1 MAP
交通 名鉄名古屋本線 桜駅
名鉄名古屋本線 本笠寺駅
東海道本線 笠寺駅
電話 052-821-8871
営業時間 名古屋市立大磯小学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL https://www.nagoya-c.ed.jp/school/oiso-e/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【大磯小学校について】
名古屋市南区には、大磯小学校があり、近隣は公園なども充実していて魅力的です。ここでは大磯小学校に入学するお子さまが居る人にはうれしい、学校の教育方針やいじめ防止基本方針、学校の概要についてご紹介していきます。

【大磯小学校の教育方針について】
大磯小学校では校訓として「強く、正しく、仲良く」といったものを掲げています。子どもたちがさまざまなことに興味を持ち、あらゆることに自分から挑戦し、自分で問題解決に励めるような子に育てていきます。学校のもつグランドデザインとしては、自ら学び、自ら課題を解決しようとする子どもを育成するという教育目標があります。
<教育理念、教育目標>
学校が掲げている教育目標では、校訓にもある「強く、正しく、仲良く」というものに沿って作られています。粘り強くやり抜く意思と、強い心と体を作り、心身ともに強い子に育てることで、我慢ができるようになったり、規則正しい生活習慣にしたりと繋がっていきます。そして自分からよく考えて進んで学ぶよく考える子に、といった目標では、意欲的に自分が疑問に思ったことを学んでいき、自身で学習する力を育てます。こうした考える力は、後述する「仲良く」というのにも関わりのある相手の話をしっかりと聞き理解するという行動に繋がります。相手を尊重して仲良く助けあるという目標は、相手を思いやる心もすくすくと育っていきます。相手の話を聞き、理解するだけではなく、相手に投げかける言葉も思いやりのあるものへとできるように教育しています。こうした助け合いは、挨拶や正しいマナーにもつながっていきます。全体的に子どもたちが自分から学び、相手もしっかりと思いやれるといった教育目標、教育理念となっています。
<学校が目指す方向性とは>
学校が目指す方向性としては、子どもや保護者、地域にとってそれぞれ目指す姿があります。子どもにとっての大磯小学校は、毎日の生活のなかにも日々感動があり、楽しく通学できる学校を目指しています。保護者や周辺地域にとっては、大磯小学校は信頼できる場であり、子どもたちを安心して任せられる学校であるように目指します。さらに教員たちは、責任と情熱をもって自分たちの力を高め合える学校に、という姿を目指しているようです。校内の子どもたちだけではなく、そこに関わる大人たちも安心できる環境というのは、保護者としても魅力的です。

【大磯小学校のいじめ防止基本方針とは】
さらに大磯小学校ではいじめが発生しないように、いじめ防止基本方針というものが存在しています。学校全体で取り組むことで、いじめを未然に防ぎ、万が一発生してしまっても迅速に対応できるように努めます。具体的な対策を事前に用意しているというのは、子どもを預ける保護者にとっても安心できるポイントとなります。
<基本理念>
基本理念としては、大磯小学校に通うすべての児童が安心して学校生活を送れるよう、一人ひとりの人権を守り、いじめが発生しないように防ぎます。すべての児童がいじめを行なわないよう、いじめられた側の児童の心理についても理解できるように教育します。もしもいじめが発生しても、いじめを受けた児童の保護を最優先として、学校内だけではなく、教育委員会や家庭、地域と連携して問題を克服していきます。
<校内体制>
こうしたいじめ防止基本方針における防止対応の責任者は、大磯小学校の校長がつとめ、校内の環境を整えていきます。教員全員で児童情報交換会を実施し、スクールカウンセラーや一部教員でいじめ対策委員会を中心に児童の細かい情報交換に努めます。教員が行なう児童情報交換会は月1回かならず開催し、児童の問題行動や突発的ないじめがないかなどを確認、発生しているようなら対策を相談します。
<具体的ないじめ対策>
校長をはじめとする厳重な校内体制により、具体的な対策も実施しています。授業内で道徳や人権教育を取り入れることにより、相手を思いやれる、自他の生命を大事にするといった考えを教育します。いじめが発生してしまっていないか確認するために、早期発見を目的とした日常的な観察や学校アンケートで状況を確認します。定期的なアンケート調査のほか、いじめと思われる行動が発覚した場合は緊急的にアンケート調査を実施の上事実確認をします。教育相談だけではなく、児童や地域とも連携することで、いじめにあってしまった児童の心身を守るように対策をしていきます。

【大磯小学校の概要について】
周辺には駅やコンビニがあり、住宅街とはいっても人通りの多い環境は、地域の目があるという安心感があります。校内の児童人数もそこまで多いというわけではないので、学校内、学校の外と常に大人の目があるのは、保護者にとってもうれしいポイントです。周辺地域は子どもたちが遊べる環境も整えており、南区ならではの魅力も満載です。
<児童数は250人前後>
学校内の児童の全校生徒数は250人前後と教員の目の届きやすい人数が特徴です。子ども一人ひとりが校内のどこに居て、どんな行動をとっているのかがわかりやすい環境となっています。こうした大人の目の届きやすい環境というのは、子どもの危険回避だけではなく、学校が対策しているいじめの早期発見にもつながります。
<どこになにがある?>
学校は大通りにも面していて、比較的人通りの多い環境です。500メートル程離れた位置には呼続公園もあり、授業の終わった放課後や学校がない休日などにも遊びに行きやすい環境です。呼続公園では、野球場やお散歩が楽しめる池周辺の遊歩道があるほか、しっかりと児童が遊べる児童公園エリアも存在しています。小児童公園は園内の南側に位置しており、富士山型の遊具やターザンロープなど子どもたちが楽しめる要素が盛りだくさんです。大磯小学校から直線500メートル程度の距離なので、道に迷うことなく公園にいけるのも魅力です。道中にはコンビニもあるので、休日に保護者が同伴する場合は水分補給もしやすいのが魅力的です。呼続公園以外にも南区自体、自然豊かな環境ですので、子どもと一緒にジョギングやウォーキングも楽しみ安い環境です。
<名古屋市南区はどんな地域?>
南区は、保護者にとっては通勤もレジャーも快適なアクセ網が魅力的です。呼続公園をはじめ、自然が豊かな地域となっており、子どもたちがのびのびと過ごせる環境が整っています。さらに南区自体には70か所以上の公園があるので、子どもたちの遊び場には困らないのも保護者として好印象です。そんな趣のある街でありつつも、周辺にはショッピングモールなども充実しているので、子どもを持つ保護者が過ごしやすい地域となっています。自然環境が豊かでありつつも便利な商業施設が近くにあるので、子どもにはさまざまな体験をさせられる環境が整っています。さらに大磯小学校は子どもの自主性を大事に、他人を思いやれる心を育む環境です。教員や地域の目が届きやすいので、危険回避やいじめ防止がしやすい地域というのが、大磯小学校近隣の南区の印象です。

【まとめ】
子どもの自主性や協調性を重視した教育方針をもつ大磯小学校は、名古屋市南区周辺の豊かな環境で子どもたちが楽しく通える環境です。いじめ防止基本方針もしっかりしていますので、子どもを安心して任せられるのも大きな魅力の一つです。

名古屋市立大磯小学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約