チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市瑞穂区 > 名古屋市瑞穂区の中学校 > 名古屋市立瑞穂ケ丘中学校

名古屋市立瑞穂ケ丘中学校

【名古屋市立瑞穂ヶ丘中学校に通える小学校】
●名古屋市立御剱小学校
●名古屋市立高田小学校
名古屋市立瑞穂ヶ丘中学校は、名古屋市瑞穂区高田町3-28にある中学校です。瑞穂ヶ丘中学校は健康教育に力を入れている中学校で、日本学校保健会より、「21世紀新しい時代の健康教育推進学校優良校」の認定を受けています。環境教育やコミュニケーション能力の育成にも力を入れ、子どもたちが心身ともに成長できるようサポートしているのが特徴です。明確な教育目標を持っている中学校なので、学力だけでなく心身の面でも安心ができるでしょう。

名古屋市立瑞穂ケ丘中学校の画像1

  • 名古屋市立瑞穂ケ丘中学校の画像1
  • 名古屋市立瑞穂ケ丘中学校の画像2
  • 名古屋市立瑞穂ケ丘中学校の画像3
  • 名古屋市立瑞穂ケ丘中学校の画像4
  • 名古屋市立瑞穂ケ丘中学校の画像5

名古屋市立瑞穂ケ丘中学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市瑞穂区高田町3丁目28 MAP
交通 名古屋市営桜通線 瑞穂区役所駅
名古屋市営桜通線 桜山駅
名古屋市営桜通線 瑞穂運動場西駅
電話 052-851-6381
営業時間 名古屋市立瑞穂ヶ丘中学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL http://www.mizuhogaoka-j.nagoya-c.ed.jp/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【瑞穂ヶ丘中の教育目標と所属小学校】
文教区として教育熱心な家庭が多い市瑞穂区。レジャー施設や公園が複数あり、お子さまを持つファミリーにもおすすめのエリアです。そんな瑞穂区には瑞穂ヶ丘中学校という中学校があるのですが、具体的にどのような魅力を持っているのでしょうか?今回は瑞穂ヶ丘中学校について、教育目標や魅力、属する小学校を見ていきます。

【瑞穂ヶ丘中の教育目標と概要】
まずは瑞穂ヶ丘中学校の教育目標や、施設の概要を見ていきましょう。
<教育目標>
瑞穂ヶ丘中学校は、瑞穂区高田町3-28にある中学校です。瑞穂ヶ丘中学校は健康教育に力を入れている中学校で、日本学校保健会より、「21世紀新しい時代の健康教育推進学校優良校」の認定を受けています。環境教育やコミュニケーション能力の育成にも力を入れ、心身ともに成長できるようサポートしているのが特徴です。明確な教育目標を持っている中学校なので、学力だけでなく心身の面でも安心できるでしょう。
<歴史>
瑞穂ヶ丘中学校の歴史や沿革は、以下の通りです。
●1947年(昭和22年)4月、名古屋市立駒場中学校が、現在の名古屋市立汐路小学校敷地内で開校
●1948年(昭和28年)4月、駒場中学校が田辺中学校に改称し、竹田中学校が分離する
●1948年(昭和28年)9月、竹田中学校が廃止され、同所に名古屋市立瑞穂ヶ丘中学校を設立
●1949年(昭和24年)4月、名古屋市立萩山中学校が分離
●1951年(昭和26年)1月、名古屋市立汐路中学校が分離し、現在の学区に
●1951年(昭和26年)4月、愛知県立女子短期大学を敷地の北半分に設置
●1973年(昭和48年)10月、校地にあった現在の愛知県立端陵高等学校の木造校舎を取り壊し
このように瑞穂ヶ丘中は、さまざまな歴史を辿ってきた中学校です。伝統ある中学校なので周辺住民からの信頼も厚く、地域全体で生徒たちを見守ってくれます。
<概要>
瑞穂ヶ丘中の概要は以下の通りです。
●所在地:名古屋市瑞穂区高田町3-28
●アクセス:地下鉄桜通線「瑞穂区役所」駅から徒歩約15分
●設立:公立
●学級数と生徒数(令和3年4月1日現在):1年生(学級数3、生徒数97名)、2年生(学級数2、生徒数77名)、3年生(学級数3、生徒数111名)、10組(学級数2、生徒数6名)
●教職員数:22名

【瑞穂ヶ丘中の魅力とは】
次に瑞穂ヶ丘中学校が持つ、魅力や特徴を見ていきましょう。
<命のビザ「杉原千畝」の少年像がある>
瑞穂ヶ丘中学校(旧第5中学校の遺構近く)には「命のビザ」として知られる杉原千畝の少年像が設置されています。杉原千畝とは岐阜県出身の外交官で、第2次世界大戦中、ユダヤ人難民に日本通過のビザを発給した人物です。多くのユダヤ人の命を救ったため、名古屋市ではその功績を広く伝えようと少年像の製作費として寄付金を募りました。最終的に460万円が集まり、晴れて少年像が完成。申し込み不要で自由に閲覧可能なので、ぜひ1度見にいってみてください。なぜ少年像なのかと言うと、杉原千畝は少年期の約10年間を名古屋で過ごしたからです。勇気ある人道的功績だけでなく、他人への思いやりや命の重みなどを次の世代へ継承する目的で、この少年像は建てられました。
<特徴>
瑞穂ヶ丘中の持つ特徴や設備は以下の通りです。
●三学期制
●スクールカウンセラーあり(非常勤)
●屋外プールあり
●児童、生徒が使用できる食堂あり
●冷暖房完備(一部教室のみ)
●AED完備
●保護者用駐輪場あり
●動物飼育あり
●交換留学プログラムあり
●ネイティブ外国語講師あり(常勤)
●制服あり
●完全給食
このように瑞穂ヶ丘中学校はたくさんの魅力が詰まった中学校です。非常勤ではありますが、スクールカウンセラーが在籍していたり交換留学プログラムがあったり、さまざまな特徴を持っています。常勤のネイティブ外国語講師もいるので、英語をより身近に感じられるでしょう。また給食に生徒のリクエストメニューが出るのも楽しみです。あたたかい給食を提供できる施設と設備、仕組みがあるので、健康的なおいしいランチを堪能できます。完全給食の中学校のため、毎日あたたかい給食を食べられるのは、お子さまにとっても保護者にとっても大きなメリットです。
<口コミ>
瑞穂区の瑞穂ヶ丘中学校には、以下のような口コミが投稿されています。
●受験学区にあるため学力が高い
●進学校へ進む生徒も多い
●我が子は成績があまり良くなかったけれど、先生が一生懸命サポートしてくれた
●個性的な先生が多く面白い授業が多い
●陸上部に所属していたが、とても熱心に指導してくれ大きく成長した
●瑞穂区内にある中学校のなかでは校庭が広い
●治安が良い
●いじめがあっても先生に相談しやすい環境
●歴史ある中学校のため施設が古い、しかし校内はとても広くプールもあるので問題なし
●偏差値60以上の高校にいく生徒がたくさんいる
●3年生になると毎朝1年生からの確認テストがある
●通学路は安全で人通りも多い
●木工室や金工室、コンピューター室など技術で使う部屋が充実している
●校則はそれほど厳しくない
引っ越しする際は、お子さまの通う学校がどのような特徴を持っているのか気になりますよね。とくに土地勘のない場所への引っ越しは、学校の雰囲気や魅力がわからず、不安になることもあるでしょう。上記の口コミは、瑞穂ヶ丘中学校に実際に通っている(通っていた)生徒や保護者からの口コミです。高評価の口コミがとても多いので、安心して通わせされるのが魅力ですね。なかでも学力の高さを評価する口コミが多く、進学校へ進む生徒もたくさんいます。高い学力を身につけたい場合や、進学校へ進みたいお子さまを持っている方、国公立の大学や名門私立大への進学を考えている方は瑞穂ヶ丘中学校への入学を検討してみてください。

【瑞穂ヶ丘中学校に属する小学校】
次に瑞穂ヶ丘中学校に属する小学校と、通学学区を見ていきます。
<属する小学校>
瑞穂ヶ丘中学校に進学する生徒の多くは、御剱小学校と高田小学校の児童です。
●御剱小学校
御剱小学校は屋上に緑化広場を設け、環境教育に力を入れている小学校です。野球部やソフト部、サッカー部やバスケ部といった運動系の部活と、音楽部が活動しています。学区は太田町、亀城町、雁道町、北原町1、高辻町、竹田町、二野町、船原町、堀田通1~3、御劔町、須田町、瑞穂町(下ノ切)です。
●高田小学校
高田小学校は「強く、正しく、ほがらかに」という教育目標を持つ小学校です。心と体が検討であることを基本に、いつも笑顔で励まし合い、助け合う良い子の明るい小学校を目指しています。学区は牛巻町、北原町1、薩摩町1丁目、春敲町、新開町、大喜新町1から4(2はほかの学区と重複あり)、直来町、西ノ割町1、二野町、平郷町、宝田町、堀田通4~6、本願寺町1、豆田町です。冒頭でもお話ししましたが、瑞穂ヶ丘中学校は瑞穂区の文教地区にあります。教育への意識が高い家庭がたくさんあり、御剱小学校と高田小学校ともに、学校側の教育体制が整っているのも魅力です。瑞穂ヶ丘中学校に進学した際は、より高い学力が身につきそうですね。

【まとめ】
瑞穂ヶ丘中学校について、歴史や教育目標、魅力や属する小学校をお伝えしました。瑞穂ヶ丘中学校は瑞穂区内でも、高い学力を誇る中学校です。

名古屋市立瑞穂ケ丘中学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約