チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市瑞穂区 > 名古屋市瑞穂区の中学校 > 名古屋市立津賀田中学校

名古屋市立津賀田中学校

【名古屋市立津賀田中学校に通える小学校】
●名古屋市立瑞穂小学校
●名古屋市立井戸田小学校
特別学級▶知的障害学級、自閉症・情緒障害学級あり
津賀田中学校では教育目標とは別に、年度ごとに学校努力目標というものをかかげています。教育目標はもちろん毎年変わる学校努力目標がとてもわかりやすく明確なので、お子さまの健やかな成長を見届けられるでしょう。総合学習では情報活用能力教育に力を入れており、1年生では情報活用能力の基礎を、2年生では実践として体験学習を、そして3年生ではまとめとして論文作成をしているんです。

名古屋市立津賀田中学校の画像1

  • 名古屋市立津賀田中学校の画像1
  • 名古屋市立津賀田中学校の画像2
  • 名古屋市立津賀田中学校の画像3
  • 名古屋市立津賀田中学校の画像4
  • 名古屋市立津賀田中学校の画像5

名古屋市立津賀田中学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市瑞穂区津賀田町1丁目38 MAP
交通 名古屋市営桜通線 瑞穂運動場西駅
名古屋市営桜通線 瑞穂区役所駅
名古屋市営名城線 妙音通駅
電話 052-841-1595
営業時間 名古屋市立津賀田中学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL http://www.tsukata-j.nagoya-c.ed.jp/index/index.html
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【津賀田中学校の教育目標と所属小学校】
都会らしさがありながら、のんびりとした雰囲気が魅力の名古屋市瑞穂区。主要駅までのアクセス環境も良好なので、住みたい街としても人気です。そんな瑞穂区には津賀田中学校という中学校があり、引っ越し後、入学を控えている方もいるでしょう。今回は津賀田中学校をテーマに、どのような教育目標をかかげているのか、学校の魅力や属する小学校などをお伝えします。

【津賀田中学校の教育目標と歴史】
まずは津賀田中学校の、具体的な教育目標や歴史を見ていきましょう。
<教育目標>
津賀田中学校の教育目標は以下の通りです。
●みずからの良さを伸ばし、主体的に未来を生き抜く、心豊かな生徒の育成
生徒自身の魅力や優れているところを伸ばしながら、心も大きく成長できるようサポートしているのが魅力です。また上記の教育目標を実現するために、以下の取り組みをおこなっています。
●社会規範も守る態度や思いやりの心を持ち、大切にする生徒を育成する
●みずから学ぶ意識を持ちながら、社会の変化に対応できる生徒を育成する
●進んで運動に親しみつつ、心身ともに健康な生活を送る生徒を育成する
<学校の学校努力目標>
瑞穂区の津賀田中学校では教育目標とは別に、年度ごとに学校努力目標というものをかかげています。令和2年度の学校努力目標は「考え議論する道徳家の授業を通して」です。教育目標はもちろん、毎年変わる学校努力目標がとてもわかりやすく明確なので、お子さまの健やかな成長を見届けられるでしょう。
<歴史>
津賀田中学校の歴史と沿革は以下の通りです。
●1960年(昭和35年)創立、開校
●1961年(昭和36年)北校舎4階完成
●1962年(昭和37年)本館、正門完成
●1963年(昭和38年)障害児学級開設
●1973年(昭和48年)東校舎3階、北門、クラブハウス、体育器具庫完成
●1980年(昭和55年)創立20周年を記念して校歌制定
●1987年(昭和62年)運動場拡張工事、正門、水飲み場改築
●1990年(平成2年)創立30周年記念式典開催、東海3県図書館奨励賞部門賞受賞
●(平成11年)新世紀学校づくりによる校内LAN整備、名古屋市学校保健優良校表彰
●1999年(平成12年)創立40周年記念式典開催、マルチメディア活用学校関連事業委嘱
●2010年(平成22年)創立50周年記念式典開催
津賀田中学校は、令和3年時点で創立60年以上の歴史ある中学校ということがわかります。校長先生をはじめ生徒に対して熱心な教職員が多く、教育に力を入れている中学校なのが特徴です。また、学習塾に通っている生徒がたくさんいるので、より高いレベルで学習したい方にもおすすめでしょう。

【津賀田中学校の魅力と特徴】
次に津賀田中学校の魅力や特徴、概要を見ていきます。
<魅力>
津賀田中学校の魅力は和楽器部があることです。津賀田中学校の学区内には、平安時代末期、平清盛との政争に敗れた藤原師長が井戸田村に配流となった歴史があります。そのような過去を語り継ぎ、日本の伝統や文化に親しんでほしいと言う思いから、2005年(平成17年)に和楽器部が設立されました。当時は三味線と長唄を中心でしたが、現在は太鼓や鼓、篠笛の指導も追加され、落ち着いた和の音色を楽しめます。授業後の校舎で三味線や太鼓の音が響く中学校は全国的にもめずらしく、日々自然に和の文化に触れられるのが魅力でしょう。イベントに呼ばれることも多く、コンサートやコンクールなど、さまざまな場所で演奏を披露できる楽しさもあります。和楽器部は、津賀田中学校の伝統とも言えるので、和の文化に触れたい方や和楽器に興味がある方は、ぜひ入部してみてください。
<特徴>
津賀田中学校は以下のような特徴を持った中学校です。
●校内エレベーターあり
●食堂あり
●電子黒板あり
●英会話クラブあり
●給食あり(ミルクのみ)
●転入生10名以上
●朝読書、朝学習なし
●早退と遅刻時は送迎が必要
英会話クラブや転入生が10名以上という中学校は、愛知県でもあまり見かけません。また朝読書、朝学習なしは全国的にもめずらしいと言えます。
<概要>
津賀田中学校の概要は以下の通りです。
●所在地:愛知県名古屋市瑞穂区津賀田町1-38
●アクセス:桜通線「瑞穂運動場西」駅から南へ徒歩約7分、桜通線・名城線「新瑞橋」駅から北西へ徒歩約14分
●設立:公立
●生徒数:331名(1年生117名、2年生104名、3年生105名、特別支援学級5名)
●学級数:11
●生徒会役員:会長1名、副会長1名、執行部員3名(会計2名、書記1名)、学級会計(各クラス男女各1名)
●学級役員:総務、生活委員、美化委員、広報委員、保健委員、図書委員、体育委員(各クラス男女各1名)
●部活動:男女剣道部、男子水泳部、男女卓球部、女子バスケットボール部、男子野球部、男子ラグビー部、男女園芸部、男女吹奏楽部、男女和楽器部、男女美術部、男女茶華道部
学級活動や部活動が活発におこなわれ、活気に満ち溢れているのが魅力ですね。文武両道を目指す生徒が多く、なかでも剣道部は全国レベルの生徒がたくさんいます。
<口コミ>
津賀田中学校には以下のような口コミが寄せられています。
●治安の良い住宅地にあるため、生活環境の良い穏やかな子が多い
●校則は厳しくない
●いじめは聞いたことがない
●和楽器とフットボール部というめずらしい部活動がある
●市内上位の公立高校へ進む子が多く、先生は親身になって進路相談にのってくれる
●上下関係もなく先輩と後輩が仲良くしている
●クラスみんなとても仲が良く明るい
●比較的新しい校舎でスクールランチも充実し、子どもたちからの評判も良好
●校舎の周りもキレイに掃除されている
●文教区にある中学校のため、警察署との連携もとられているようです
津賀田中学校に寄せられる口コミは高評価のものが多くあります。土地勘の場所に引っ越しする際、お子さまが通う学校がどのようなところなのかとても気になりますよね。実際に通っていた生徒、もしくは保護者の口コミなので、安心して通わせられるでしょう。

【津賀田中学校に属する小学校】
次に属する小学校と具体的な通学区域を見ていきます。津賀田中学校に属する小学校は、以下の2つです。
●井戸田小学校(井戸田町、鍵田町、河岸町、下坂町3~4、惣作町2、惣作町3、佃町1、佃町2、土市町、白龍町1、白龍町3、姫宮町、瑞穂通3から8、妙音通、柳ケ枝町2、柳ケ枝町3)
●瑞穂小学校(鍵田町、甲山町、神前町、北原町1丁目、北原町2~3、薩摩町1、薩摩町2、下坂町3から4、大喜町、田光町2、田光町3、津賀田町、豊岡通1~2、西ノ割町1、西ノ割町2~3、白龍町1~3、本願寺町1、本願寺町2~3、前田町、牧町、瑞穂町字田光、瑞穂通3~8)
上記2つの小学校に通う場合は、津賀田中学校に進学するのが一般的です。学区が広くさまざまな方面からたくさんの生徒が通学するので、にぎやかに通学できます。「生徒たちが毎朝元気に登校している」「こちらも元気がもらえる」など、近所の方からの評判も良好です。地域と学校全体で生徒を見守る、安心感のある中学校といえるでしょう。

【まとめ】
津賀田中学校は、明確な教育目標を持った魅力ある中学校です。評価の高い口コミも多く、小学校卒業後も安心して通わせられるでしょう。

名古屋市立津賀田中学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約