チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市瑞穂区 > 名古屋市瑞穂区の小学校 > 名古屋市立高田小学校

名古屋市立高田小学校

【名古屋市立高田小学校に通える町名一覧】
牛巻町/北原町1丁目※/薩摩町1丁目※/春敲町/新開町※/大喜新町1丁目・3丁目・4丁目・2丁目※/直来町/西ノ割町1丁目※/二野町※/平郷町/宝田町/堀田通4丁目~6丁目/本願寺町1丁目※/豆田町
※マークの付いた町名・番地は他の学区と一部重複していますので、詳しい学区割りについては瑞穂区役所まで直接お問い合わせください。
瑞穂区役所:TEL(052)841-1521
特別学級▶自閉症・情緒障害学級あり
進学先▶名古屋市立瑞穂ヶ丘中学校

名古屋市立高田小学校の画像1

  • 名古屋市立高田小学校の画像1
  • 名古屋市立高田小学校の画像2
  • 名古屋市立高田小学校の画像3
  • 名古屋市立高田小学校の画像4
  • 名古屋市立高田小学校の画像5

名古屋市立高田小学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市瑞穂区宝田町4丁目1 MAP
交通 名古屋市営桜通線 瑞穂区役所駅
名鉄名古屋本線 堀田駅
名鉄名古屋本線 神宮前駅
電話 052-881-0271
営業時間 名古屋市立高田小学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL http://www.takada-e.nagoya-c.ed.jp/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【高田小学校の教育目標と学区エリア】
名古屋市瑞穂区は、豊かな自然と閑静な住宅街が魅力の街です。名古屋市内でも高い学力を持った学校が多く、進学校へ進むお子さまもたくさんいます。そんな瑞穂区内に高田小学校という小学校があるのですが、具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか?高田小について、具体的な教育目標や魅力、学区を詳しくお伝えします。

【高田小学校の教育目標と歴史】
まず高田小が持つ、具体的な教育目標や歴史を見ていきましょう。高田小学校は名古屋市瑞穂区宝田町4-1にある小学校です。昭和2年6月に、当時の南区瑞穂町上高田と下高田を中心に、南井戸田、大喜、池下、中山、熱田東町にわたる広い地域を学区にして誕生しました。高田小学校では以下のような教育目標を持ち、心身ともに大きく成長できるようサポートしています。
●「いつも笑顔で励まし合い、助け合う良い子の明るい学校」
明確な教育目標があるので、お父さんお母さんも安心して通わせられるでしょう。
<歴史>
高田小は、以下のような歴史を辿ってきた小学校です。
●1927年(昭和2年)、瑞穂尋常高等小学校の児童数が増加したことにより、高田尋常高等小学校として設立
●1931年(昭和6年)、御劔尋常小学校の独立とともに、一部の児童を収容
<児童の変遷>
高田小における児童の変遷は以下の通りです。
●1947年:1,262人
●1957年:1,515人
●1967年:1,060人
●1977年:809人
●1987年:627人
●1997年:386人
●2007年:297人
●2017年:320人
児童数は創立当時がもっとも多く、年々減少していることがわかります。しかし2017年以降は増加しているので、今後はどのように移り変わっていくのか楽しみですね。

【高田小学校の設備や魅力】
では高田小には、どのような魅力があるのでしょうか?完備されている設備や口コミとともに見ていきます。
<魅力>
高田小の魅力としてまず挙げられるのが、閑静な住宅地にあるという点です。周囲が住宅に囲まれ、隣には幼稚園があります。学校前は車道になっていてある程度の車通りはありますが、歩道が広いので登下校も安心できるでしょう。また高田小学校には自閉症、情緒障害学級があります。瑞穂区内でもこのような学級があるのはめずらしいので、お子さまの状態に応じた指導と教育を希望する方は、高田小学校への入学をぜひ検討してみてください。
<いじめ防止に力を入れている>
高田小は、いじめ防止に力を入れているのも魅力です。いじめは教育を受ける権利を侵害し、成長と人格形成に重大な影響を与える恐れがあります。そのためすべての児童が安心して学校生活を送り、さまざまな活動に取り組むため、いじめが起こらないよう以下のような取り組みを実施中です。
●校長をいじめ防止の責任者とし、教職員間との緊密な情報交換や共通理解を図り、学校全体で対応する
●万が一いじめが起きたときは、担任や特定の教職員が抱え込まないよう、学校全体で組織的に対応する
●教職員一人ひとりが人権意識を持ち、児童を傷つけたりいじめを助長したりしないよう、指導のあり方を考える
●児童と触れ合う時間(放課後や昼食時、清掃時など)を可能な限り多く取る
●児童の話に耳をかたむけ、親身になって対応し、なんでも相談できる信頼関係を築く
●いじめを見過ごしたり気づいているのに見逃したり、相談を受けているのに対応を先延ばしにしたりしない
このように高田小はいじめ防止に学校全体で力を入れています。いじめを未然に防ぐにはもちろん、万が一起きてしまった場合も迅速かつ丁寧対応してくれるのが嬉しいですね。
<設備>
高田小には、以下のような設備が整っています。
●プールあり(屋内)
●スクールカウンセラー常勤
●学校選択制あり
高田小の大きな魅力は、屋内プールがあることです。屋内プールがある小学校は全国的にもめずらしく、愛知県内でもほとんど見かけません。近年の日本の夏はとても暑く、紫外線も強くなっています。そのためプールが屋内にあれば快適に水泳の授業をおこなえるでしょう。またスクールカウンセラーが常勤しているのもメリットです。スクールカウンセラーとは、お子さまや保護者の心のケアをする専門家で、学校などの教育機関に在籍しています。お子さまになにかあったとき、親身になって相談にのってくれるので、スクールカウンセラーが常勤しているのは心強いですね。
<口コミ>
高田小には以下のような口コミが寄せられています。実際に高田小学校に通っている、または通っていた児童や保護者からの口コミばかりなので、進学する際の参考にしてみてください。
●吹奏楽部は運動会や名古屋まつりで演奏する
●メキシコ料理が給食で出る
口コミを見ると、吹奏楽部がさまざまなイベントで活躍していることがわかります。名古屋市の小学校では給食にメキシコ料理が出るので、毎回楽しみにしている児童が多いのだそうです。給食は学校生活において、お子さまが楽しみにしているものの1つではないでしょうか?食育の観点から見ても、おいしい食事を楽しく食べることにメリットがあります。ワクワクするような給食が提供されているのは、高田小の大きな魅力といえるでしょう。このように高田小学校には良い口コミばかりが寄せられています。学校は実際に通ってみないとわからない部分が多く、入学するまでは不安がたくさんありますよね。高田小なら高評価の口コミが多数あるので、安心して通わせられるでしょう。
<概要>
高田小の概要は以下の通りです。
●所在地:名古屋市瑞穂区宝田町4-1
●アクセス:「瑞穂区役所」から徒歩約12分
●設立:公立
駅からは少し離れていますが、閑静な住宅地にあるのでのびのびと学べるのが魅力です。

【高田小の学区と進学先】
次に高田小の学区と進学先の中学校を見ていきましょう。
<学区>
高田小学校の学区は次の通りです。牛巻町、北原町1丁目、薩摩町1丁目、春敲町、新開町、大喜新町1丁目から4丁目(2丁目はほかの学区と重複あり)、直来町、西ノ割町1丁目、二野町、平郷町、宝田町、堀田通4丁目から6丁目、本願寺町1丁目、豆田町。学区を見ると、さまざまな方向から児童が通うことがわかります。仲間がたくさんできるので、登下校も楽しくできそうです。
<進学先の中学校はどこ?>
高田小を卒業後は中学受験をしない場合、瑞穂ヶ丘中学校に進学します。では瑞穂ヶ丘中とはどのような中学校なのでしょうか?
<瑞穂ヶ丘中学校の特徴>
瑞穂ヶ丘中は、広い校庭と古墳のある歴史の古い中学校です。受験学区にあるため学力も高く、進学校へ進む生徒が多くいます。学業に集中できる環境が整い、名古屋市でも学力の高い中学校として有名です。個性的な先生や面白い授業がたくさんあるので、楽しみながら高い学力を身に付けられるでしょう。勉強が苦手な生徒に対してもわかりやすく授業をおこなってくれ、勉強が好きになるお子さまも多いのだそうです。また中学校周辺の治安も比較的良く、安心して通えます。人通りが多いエリアにある中学校なので、部活動で帰りが遅くなっても安心ですね。

【まとめ】
高田小は教育熱心や先生や保護者が多く、がんばり次第で高い学力を手に入れられるでしょう。瑞穂区に引っ越した際は、ぜひ高田小学校への入学を検討してみてください。

名古屋市立高田小学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約