チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市瑞穂区 > 名古屋市瑞穂区の小学校 > 名古屋市立中根小学校

名古屋市立中根小学校

【名古屋市立中根小学校に通える町名一覧】
井の元町/片坂町2丁目~3丁目/軍水町1丁目※/軍水町2丁目~3丁目/白砂町/関取町/中根町/仁所町/丸根町/弥富通2丁目~5丁目※
※マークの付いた町名・番地については他の学区と一部重複していますので、詳しい学区割りについては瑞穂区役所まで直接お問い合わせください。
瑞穂区役所:TEL(052)841-1521
特別学級▶知的障害学級、自閉症・情緒障害学級あり
進学先▶名古屋市立萩山中学校

名古屋市立中根小学校の画像1

  • 名古屋市立中根小学校の画像1
  • 名古屋市立中根小学校の画像2
  • 名古屋市立中根小学校の画像3
  • 名古屋市立中根小学校の画像4
  • 名古屋市立中根小学校の画像5

名古屋市立中根小学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市瑞穂区井の元町50 MAP
交通 名古屋市営名城線 瑞穂運動場東駅
名古屋市営桜通線 野並駅
名古屋市営桜通線 鶴里駅
電話 052-831-4100
営業時間 名古屋市立中根小学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL http://www.nakane-e.nagoya-c.ed.jp/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【中根小学校の教育方針や特徴について】
名古屋市の中東部に位置する瑞穂区は、桜の名所にもなっている人気の街です。そんな瑞穂区には中根小学校という学校があります。では具体的にどのような特徴をもった小学校なのでしょうか?この記事では名古屋市瑞穂区にある中根小学校について、学校の概要や特徴、学区をお伝えしますので、瑞穂区に引っ越しを検討中の方はぜひご覧ください。

【中根小の教育目標】
まずは中根小の、教育目標や概要を見ていきましょう。中根小は、瑞穂区井の元町にある公立小学校です。閑静な住宅地のなかの天白川沿いに建ち、落ち着いた雰囲気をもっています。
<歴史>
1968年(昭和43年)に弥富小学校の分校として設立されました。そのあと1971年(昭和46年)4月に、中根小学校として独立。2000年(平成12年)には開校30周年、2010年(平成22年)には40周年をむかえた歴史ある小学校です。自然豊かなに恵まれ、のびのびと学べる環境が整っているため、子どもらしく成長できます。
<教育目標>
中根小の教育目標は以下の通りです。
●豊かな心(バランスのとれた人間形成を目指し、仲間づくりを支援)
●たしかな学力(たしかな学力の定着を目指し、学習環境づくりの工夫)
●健やかな心身をもった子どもたちの育成(健全な心身の育成を目指し、心と体づくりの習慣)
学力だけでなく心の成長にも力を入れ、心身ともに成長できる教育と環境づくりを心がけています。上記とあわせて「なかよく、かしこく、ねばりづよく」という教育目標があるのも、中根小の魅力といえるでしょう。
<児童数の変遷>
2018年に出版された愛知県小中学校誌によると、児童数の変遷は以下の通りです。
●1971年:912人
●1977年:996人
●1987年:944人
●1997年:672人
●2007年:521人
●2017年:577人
年々生徒数は減少傾向にありますが、教育目標の通り、健やかな心身をもった子どもたちが、楽しく学校生活を送っています。
<中根小の概要>
中根小の概要は以下の通りです。
●所在地:愛知県名古屋市瑞穂区井の元町50
●アクセス:地下鉄名城線・桜通線「新瑞橋」下車、市バス「弥富通3丁目」から徒歩約10分、または地下鉄名城線「瑞穂運動場東」下車、徒歩約15分
●設立:公立
<いじめ防止にも力を入れている>
中根小は、いじめ防止対策にも力を入れています。
●すべての児童が安心して学校生活を送り、さまざまな活動に取り組めるよう、学校の内外を問わずいじめがおこなわれなくなるようにする
●すべての児童がいじめをおこなわず、いじめを認識しながら放置することがないようにする
●いじめはいじめられた児童の心身に深刻な影響をおよぼす許されない行為であることを、児童が十分に理解できるようにする
●いじめを受けた児童の生命と心身を保護することがとくに重要であることを認識する
●教育委員会や家庭、地域や関係機関との連携のもと、いじめ問題を克服することを目指す
校長先生がいじめ防止対応の責任者とし、教頭や養護教諭、スクールカウンセラーや教職員との情報交換を綿密に実施し、学校全体で組織に対応しています。知的障害学級や自閉症、情緒障害学級があるのも、中根小の特徴です。

【中根小の特徴や設備】
次に中根小の、特徴設備、口コミを見ていきましょう。
<整っている部屋や設備>
●コンピューター室
児童がソフトを活用し、絵をかいたり表計算したり、パワーポイントなどをして授業する部屋です。インターネット設備も整っているため検索も頻繁におこなわれ、調べ学習などで役立てています。
●音楽室
音楽の授業で使用するのが音楽室です。授業後には金管バンド部が練習をおこない、楽しく音楽に触れ合える環境が整っています。
●理科室
理科室は理科の授業はもちろん、実験をおこなう際やクラブ活動でも利用します。
●図工室
図工室も理科室と同様、図工の授業やクラブ活動で利用します。
●図書室
図書室は図書の時間に本を借りたり読んだりする部屋です。雨の日は休み時間にも開放されているので、自由に本を読めます。「本は心の栄養」とも呼ばれ、たくさん本を読むことで心も大きく成長するでしょう。
●体育館・運動場
主に体育の授業で使用したり、バスケットボール部の授業をしたり、さまざまなスポーツをおこなう場所です。
●放送室
放送設備が整っていて、放送委員が朝とお昼に放送を流す部屋です。
●応接室
応接室では大切な会議をおこなったり、来客時に使ったり打ち合わせなどにも使用します。
●特活室
応接室と同様、大切な会議をする部屋です。そのほかにもPTA活動や学区の方が話し合いをおこなうこともあります。
●職員室
学校の職員が仕事する部屋です。このように中根小学校にはさまざまな部屋と設備が整っています。目的や授業内容によって部屋がわけられているので、子どもたちも学びやすいのではないでしょうか?
<中根小の口コミ>
中根小には、以下のような口コミが寄せられています。
●天白川のすぐ横にあるため自然が豊か、隣に公園もあり子どもたちは過ごしやすいやすそう
●PTAの活動は保護者ができる範囲で力を出し合っている
●集団登校で、下校は各自で帰宅
●通学路に危険な場所がないのが特徴
●道路など外で遊ぶ子どもも多く、のびのびと過ごせる
●瑞穂区自体が下町のような雰囲気をもっているので、子どもが子どもらしく成長し、先生も接しやすいようだ
●運動会や学芸会など、公立小学校でおこなわれている一般的な行事が実施されている
さまざまな特徴や口コミがありますが、総合的に見ると良い評価を得ています。お子さまを中根小に通わせていた保護者からの口コミが多いので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

【中根小の学区と進学先】
では中根小における、学区と進学先の中学校はどこなのでしょうか?
<学区>
井の元町、片坂町2~3、軍水町1、軍水町2~3、白砂町、関取町、中根町、仁所町、丸根町、弥富通2~5。軍水町1は、ほかの学区の1部重複しています。
<進学先の中学校は萩山中学校>
中根小に通っている児童は、萩山中が主な進学先です。萩山中学校は名古屋市瑞穂区市丘町1-48に位置しています。住環境はもちろん、公共交通機関が充実していることから、常に高い人気を誇っているのが特徴です。また萩山中には以下のような口コミがあります。
●厳しくなく穏やかな中学校
●先生も常識的な方が多い
●富裕層も学区内にあるため、教育熱心な家庭が多い
●いじめ問題は聞いたことがない
●学業だけでなく部活動も切磋琢磨しながら頑張っている
●制服は万人受けするようなシンプルなデザイン
●武道場がある
●建物は新しくないが、しっかりメンテナンスされているので安心
●小高い山のうえにあるため、雪の日は注意が必要
萩山中は勉強熱心な先生や生徒が多く、進学校に進学するお子さまも多いのだそうです。いじめや大きな事故、トラブルもほとんどないので安心して通わせられるのが助かりますね。瑞穂区ではめずらしい武道場のある中学校なので、部活動に力を入れたい場合にもおすすめです。

【まとめ】
中根小について、教育方針や特徴、学区を詳しくお伝えしました。自然に囲まれた小学校なので、のびのびと学べる環境が整っています。瑞穂区に引っ越しする際は、ぜひ中根小への入学を検討してみてください。

名古屋市立中根小学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約