チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市瑞穂区 > 名古屋市瑞穂区の小学校 > 名古屋市立瑞穂小学校

名古屋市立瑞穂小学校

【瑞穂小学校に通える町名一覧】
鍵田町※/甲山町/神前/北原町1※、2~3/薩摩町1※、2/下坂町3~4※/大喜/田光町2※、3/津賀田/豊岡通1~2/西ノ割町1※、2~3/白龍町1※3※、2/本願寺町1※、2~3/前田町/牧町/瑞穂町(田光)/瑞穂通3~8※
※マークの付いた町名・番地は他学区と一部重複していますので、詳しい学区割りについては区役所にお問い合わせください。
瑞穂区役所:TEL(052)841-1521
特別学級▶知的障害学級、自閉症・情緒障害学級、肢体不自由学級あり
進学先▶津賀田中学校

名古屋市立瑞穂小学校の画像1

  • 名古屋市立瑞穂小学校の画像1
  • 名古屋市立瑞穂小学校の画像2
  • 名古屋市立瑞穂小学校の画像3
  • 名古屋市立瑞穂小学校の画像4
  • 名古屋市立瑞穂小学校の画像5

名古屋市立瑞穂小学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市瑞穂区牧町2丁目46 MAP
交通 名古屋市営桜通線 瑞穂運動場西駅
名古屋市営桜通線 瑞穂区役所駅
名古屋市営名城線 新瑞橋駅
電話 052-851-6261
営業時間 名古屋市立瑞穂小学校まで直接お問い合せください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL http://www.mizuho-e.nagoya-c.ed.jp/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【瑞穂小はレベルが高い?】
瑞穂は文教地区としての色が濃く、教育熱心な小学校や中学校が多くあります。お子さまが楽しめる公園やレジャースポットも多いので、子育て環境は良好と言えるでしょう。そんな瑞穂には瑞穂小という小学校があるのですが、どのような魅力を持っているのでしょうか?この記事では瑞穂にある瑞穂小の教育目標や魅力、学区域と進学先の中学校についてご紹介します。

【瑞穂にある瑞穂小の教育目標】
まずは瑞穂小における目標を見ていきましょう。
<教育目標>
瑞穂小では以下のような校訓をかかげています。「強く、明るく、一心に」伝統的に引き継がれてきた上記の校訓をもとに、「知、徳、体の調和がとれた心身ともに健全な児童の育成を目指しているのが特徴です。長い歴史を持つ小学校ならではの教育目標があり、体だけでなく心も大きく成長できるでしょう。
<学校教育努力点>
瑞穂小では校訓とは別に、学校教育努力点もかかげています。「主体的に学習に取り組むみずほっ子~学習評価の工夫を通して~」令和2年度から新学期指導要領完全実施となったため、観点別評価が4観点から3観点になりました。観点別評価を改めて見直したことにより、お子さまにどういった力が身に付いたのか、学習の成果を的確にとらえられるように。また教職員における指導の改善を図るとともに、お子さま自身が自らの学習を振り返って次の学習に向かえるようサポートしています。「主体的に取り組む態度」の評価を教職員が共通理解し、主体的に学習に取り組むみずほっ子の育成を目指しているのが特徴です。学習指導がより良くなるよう改善策を研究し続けているのが、瑞穂小の魅力ですね。
<歴史>
瑞穂小は創立140年以上の歴史ある小学校です。
●1873年(明治6年)、第24番小学井出学校として龍泉寺に開校
●1876年(明治9年)第24番小学校瑞穂学校となる
●1882年(明治15年)愛知郡第55小学区瑞穂学校となる
●1897年(明治30年)現在の位置に校舎を竣工
●1904年(明治37年)国で教科書をつくるようになる
●1907年(明治40年)高等科を置き、愛知郡瑞穂尋常高等小学校となる
●1921年(大正10年)名古屋市に編入され、南区となり名古屋市立瑞穂尋常小学校となる
●1928年(昭和3年)校舎の増改築が終了
●1939年(昭和14年)校歌がつくられる
●1940年(昭和15年)全市に先がけて給食施設が完成する
●1941年(昭和16年)名古屋市立瑞穂国民学校となる
●1945年(昭和20年)空襲により校舎が全焼
●1947年(昭和22年)校舎や校地の増築や拡張工事をおこない、名古屋市立瑞穂小となる
●1973年(昭和48年)創立100周年記念式典がおこなわれる
●1990年(平成2年)コンピューター室が完成する
2004年(平成16年)職員室、給食室、コンピューター室、多目的室、西校舎階段壁の耐震工事をおこなう
2013年(平成25年)大規模改造工事でプレハブ校舎を建てるため、運動場の発掘調査がおこなわれる
瑞穂区にある瑞穂小は、長い歴史を持った小学校ということがうかがえます。伝統の深い昔ながらの小学校として、地域の住民からも愛されている小学校です。

【瑞穂にある瑞穂小の持つ魅力は?】
次に瑞穂にある瑞穂小の魅力や特徴、概要や口コミを見ていきましょう。
<魅力や特徴>
●カウンセラー常勤
●校庭開放あり(週1日以下)
●自習室あり
●校内エレベーターあり
●冷暖房あり(ない教室もあり)
●休暇中体験学習あり
●英会話クラブあり
●中学受験30%
●ネイティブ講師あり(常勤)
●教職員の学年担当制あり
英会話クラブのある小学校は全国的にもめずらしく、瑞穂小にはネイティブ講師も常勤しています。また先生の学年担当制というもの瑞穂小の持つめずらしい特徴の1つです。
<口コミ>
瑞穂小には、以下のような口コミが寄せられています。
●おとなしめの子が多く、毎日楽しく過ごせる
●校長先生は穏やかな人柄だが、ビシッとしている
●あいさつがしっかりできる子が多い
●教職員も穏やかな人が多い
●学校自体は古いけれど、定期的に改修工事がおこなわれているので安心
●駅から近く、バス便も充実しているので交通の便が良い
●保護者の意見を可能な限り反映してくれる
このように瑞穂小には高評価の口コミが多く寄せられています。引っ越し先がどのような小学校なのか、お子さまも保護者も気になりますよね。瑞穂小は教職員も児童も穏やかな雰囲気なので、安心して通えるのではないでしょうか?また先述した通り、瑞穂小は創立140年超えの伝統ある小学校です。校舎の古さが指摘されることも多いですが、耐震工事や改修工事などを定期的におこない、みんなが過ごしやすい空間をつくっています。なにごとも児童ファーストで考えてくれるのが、瑞穂小の魅力と言えるでしょう。
<概要>
瑞穂小の概要は以下の通りです。
●所在地:瑞穂区牧町2-4-6
●アクセス:地下鉄桜通線「瑞穂運動場西」駅から徒歩約5分、「名鉄神宮前」駅から「豊岡通」バス停下車徒歩約4分
●設立:公立
●児童数:521人
●教職員:30人
児童数と教職員の人数は、2020年現在のものです。

【瑞穂小の通学区と進学先の中学校】
では瑞穂小における通学区と、進学先の中学校はどこでしょうか?
<通学区>
瑞穂小の通学区は以下の通りです。
鍵田町、甲山町、神前町、北原町1丁目、北原町2丁目から3丁目、薩摩町1丁目、薩摩町2丁目、下坂町3丁目から4丁目、大喜町、田光町2丁目、田光町3丁目、津賀田町、豊岡通1丁目から2丁目、西ノ割町1丁目、西ノ割町2丁目から3丁目、白龍町1丁目、3丁目、白龍町2丁目、本願寺町1丁目、本願寺町2丁目から3丁目、前田町、牧町、瑞穂町(田光)、瑞穂通3丁目から8丁目
学区がとても広く、さまざまな方向から児童が通学します。たくさんの仲間と一緒に登下校できるので、朝や下校時はにぎやかになりそうですね。
<進学先の中学校は?>
瑞穂小を卒業後は、中学受験をしない場合、津賀田中に進学します。津賀田中学校は、瑞穂区は名古屋市内でトップクラスの学力を誇る中学校です。教職員はもちろん、勉強熱心な保護者も多く、進学校を受験する生徒も多くいます。そのため「学力をもっと伸ばしたい!」というお子さまにピッタリです。また「自らの良さを伸ばして、主体的に未来を生き抜く、心豊かな生徒の育成」を教育目標としてかかげています。学力だけでなく、心身ともに豊かになれるようサポートしてくれるのが嬉しいですね。部活動:男女剣道部、男子水泳部、男女卓球部、女子バスケットボール部、男子野球部、男子ラグビー部、男女園芸部、男女吹奏楽部、男女和楽器部、男女美術部、男女茶華道部部活動としてはめずらしい、男女和楽器部があるのが魅力です。放課後は三味線や太鼓の音が鳴り響き、自然に日本の文化を体感できるでしょう。和楽器部はイベントやコンサートに呼ばれることが多く、さまざまな場所で演奏できるのも魅力です。生徒数:1学年(学級数3、生徒数106名)、2学年(学級数3、生徒数106名)、3学年(学級数3、97名)、特別支援学級(学級数2、生徒数5名)合計11学級、314名の生徒が津賀田中学校で学んでいます。

【まとめ】
瑞穂小は、明確な目標のある魅力的な小学校ですね。

名古屋市立瑞穂小学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約