チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市昭和区 > 名古屋市昭和区の小学校 > 名古屋市立吹上小学校

名古屋市立吹上小学校

【名古屋市立吹上小学校に通える町名一覧】
曙町1~2、3※/阿由知通1~2、3※/北山町1~2、3丁目※/北山本町/車田町/小坂町1~2、3※/小桜町1~2/鶴羽町1~2/広瀬町1~2、3※/吹上町/吹上町2/緑町1~2/雪見町1~2/雪見町3※
※マークの付いた町名・番地は他の学区と一部重複していますので、詳しい学区割りについては昭和区役所まで直接お問い合わせください。
昭和区役所:TEL(052)731-1511
特別学級▶知的障害学級、自閉症・情緒障害学級あり
進学先▶名古屋市立北山中学校

名古屋市立吹上小学校の画像1

  • 名古屋市立吹上小学校の画像1
  • 名古屋市立吹上小学校の画像2
  • 名古屋市立吹上小学校の画像3
  • 名古屋市立吹上小学校の画像4
  • 名古屋市立吹上小学校の画像5

名古屋市立吹上小学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市昭和区吹上町1丁目22 MAP
交通 名古屋市営桜通線 吹上駅
名古屋市営鶴舞線 荒畑駅
名古屋市営鶴舞線 御器所駅
電話 052-732-0181
営業時間 名古屋市立吹上小学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL https://www.nagoya-c.ed.jp/school/fukiage-e/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【吹上小学校について】
名古屋市のほぼ中央に位置する「昭和区」は、アクセスのよさで人気のエリアです。さらに、昭和区には図書館や大学などの教育施設も多く、利便性と子育て向きの環境がバランスよく整った文教地区といえます。今回は、そんな昭和区で、のびのびとした雰囲気が評判の「吹上小学校」をご紹介します。
 
【吹上小学校の概要】
<「吹上小学校」の概要>
文教地区として名高い昭和区には、明るくのびのびとした子どもの成長が見られることで評判の市立小学校「吹上小学校」があります。吹上小学校は、地下鉄桜通線「吹上駅」から、南西の方向へ約800メートル。吹上公園の南側に位置しています。地下鉄鶴舞線の「御器所駅」や「荒畑駅」も徒歩圏内で、働き盛りの保護者にとっても、アクセス面などが魅力的なロケーションです。そんな吹上小学校は、昭和3年度(1928年度)に名古屋市立吹上尋常小学校として開校し、平成30年度には創立90周年を迎えた伝統校です。地域でも多くの卒業生を輩出し、昭和区民に親しまれています。吹上小学校では、平成元年度からコンピューター室を新設し、子どもたちに時代にあった学習環境を提供してきました。また近年では、名古屋市歯科衛生優良校として表彰されたり、音楽部が名古屋市教育委員会優良団体表彰を受けたり、勉学にとどまらない高い指導が、外部からも評価されています。昭和区の吹上小学校では、約370名の児童たちが通学しています。学級数は、特別支援学級を含み、全学年あわせて15クラスで、約20名の教員が指導にあたっています。多くの学級が、児童30名前後で1クラスのため、生徒と先生の距離の近さも特徴といえるでしょう。保護者からも、「明るくいい先生が多い」「少人数だから、授業もしっかり受けられているみたい」「生徒同士の絆や仲のよさも感じる」との声が聞かれています。市立小学校でありながら、少人数規模のよさを取り入れていることが伝わり、きめ細やかな指導が期待できそうですね。
<吹上小学校の教育方針>
吹上小学校では、「知性」「感性」「体力」という、3つの能力を身につけた心豊かな子どもの育成が目標です。「知性」については、外国語やプログラミング、読書タイム、総合的な学習の時間などを通じて、「基礎的な知識」や「思考力」、「表現力」「学びに向かう力」などを養っています。「感性」の育成では、異学年交流やあいさつ運動、道徳教育、委員会活動などから、子どもたちの「公共心」や「思いやる心」を伸ばしています。「体力」は、運動習慣や食育、歯の講話、栄養教諭や養護教諭との連携などから、「命を大切にし、健康な生活ができる能力」を育んでいます。教員もこれらの目標にそって、日々、熱心な教育を実践しており、「先生も明るくさわやかな人が多い」と評判です。さらに、昭和区の吹上小学校の特徴として、教員だけでなく、保護者や地域も一緒になって、よりよい学校づくりに貢献しています。PTAも卒業までに1度は参加する形をとっており、読み聞かせなどの活動もおこなっているほか、町内会の運動会などのアクティビティーも実施されてきました。地域や保護者が教育に協力的なのは、文教エリアの昭和区らしい一面といえそうですね。

【吹上小学校の特徴】
<吹上小学校の学力と特徴的な活動>
昭和区の吹上小学校の平均的な1日としては、朝8時10分までに登校し、朝の会を経て、午前中に1時間目から4時間目を受け、給食タイムとなります。その後、清掃と昼休みをとり、5時間目を実施、学年や曜日によって6時間目もおこなわれる流れです。学校生活を通じて多くの児童が、全国平均の学力を持ち、運動能力についても、名古屋市の平均的な水準で成長をしています。同時に、吹上小学校の生徒たちは、「素直でほがらかな性格」「なんでもまじめに取り組む児童が多い」といわれています。その背景には安定した家庭が多いことが挙げられますが、昭和区は閑静な住宅地が多く、文教エリアであるということも、よい影響を与えているのかもしれません。また、通常の授業以外にも、さまざまな学習や活動に取り組んでいます。たとえば、4年生からは委員会活動やクラブ活動が時間割に加わり、子どもたちが各人の興味を探求する活動に参加しています。思いやりを育む異学年交流の「ふれあい活動」も活発で、遠足や児童集会、体育集会など、さまざまなシーンでペア班が採用されています。上級生が、下級生のサポートやお世話をしながら、座学だけでは学べない人間力を養っています。ほかにも、環境学習の時間には、すぐ近くの吹上公園の清掃活動を実施したり、交通量の調査をしたり、昭和区内の身近な環境から多くの学びを体験しています。
<交番もすぐ横!安心の環境とセキュリティー設備>
子どもを通わせる学校としては、防犯面や周辺の治安も気になるところですね。名古屋市のなかでも文教エリアに数えられる昭和区は、安心感のある環境も特徴のひとつです。周辺は、一戸建てなどが多い閑静な住宅街です。地域住民の目が光るとともに、吹上小学校の横が「吹上交番」であるため、子どもたち自身も安心して登下校しやすいでしょう。周辺には、ほかにも保育園や幼稚園、高校、大学までさまざまな教育機関があるため、文教地区である昭和区自体も、生徒たちの安全を守る意識の高さを期待できそうです。また吹上小学校も、環境のよさだけに頼らず、登下校には保護者らが見守りを実施するなど、積極的な活動をおこなっています。常時、校門も施錠されており、勝手な侵入を防ぐようインターホンなどの設備も整えていますよ。
<スクールカウンセラーやトワイライトスクールの実施>
昭和区の吹上小学校の特徴として、ほかにも生徒と保護者をサポートする取り組みが挙げられます。そのひとつが、放課後に、校内で遊びや学習をして過ごす「トワイライトスクール」です。核家族化も進むなか、放課後の防犯にも配慮した施策で、吹上小学校では平成17年度よりトワイライトスクールを展開しています。

【吹上小学校の通学区域と進学先】
<吹上小学校の通学区域>
さまざまな面から昭和区の市立小学校「吹上小学校」について解説しました。最後に学区についてご紹介します。小学校の通学区域は、東側に小坂町1丁目、2丁目と3丁目の一部、西側に吹上町、南側に北山本町が位置しています。ほかにも通学区域には、「曙町」1丁目、2丁目と3丁目の一部、「阿由知通」1丁目、2丁目と3丁目の一部、「北山町」1丁目、2丁目と3丁目の一部、「小桜町」1丁目、2丁目、「車田町」、「鶴羽街」1丁目、2丁目、「広瀬町」1丁目、2丁目と3丁目の一部、「吹上」2丁目、「緑町」1丁目、2丁目、「雪見町」1丁目、2丁目と3丁目の一部が含まれています。
<吹上小学校から通う「市立北山中学校」の学区と特徴>
吹上小学校を卒業すると、市立では北山中学校に進学することとなります。昭和区で有名な「鶴舞公園」の南側に位置します。北山中学校は、特別支援学級を含む8クラスで、約200名の生徒が通学しています。「自律」「協調」「誠実」を教育目標にしており、小規模ながらも、おだやかな校風が評判です。北山中学校の学区には、吹上小学校ほか、鶴舞小学校も学区に含まれ、鶴舞町や山脇町などからも、子どもたちが通学しています。

名古屋市立吹上小学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約