電話番号

営業時間:
OPEN 10:00 ▶ CLOSE 17:00
定休日:
日曜日(年末年始は連休を頂きます)

チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市東区 > 名古屋市東区の小学校 > 名古屋市立明倫小学校

名古屋市立明倫小学校

【名古屋市立明倫小学校に通える町名一覧】
大松町/古出来1丁目~2丁目/新出来1丁目~2丁目/出来町1丁目~2丁目/出来町3丁目※/明倫町/矢田南1丁目※
※マークの付いた町名・番地は他の学区と一部重複していますので、詳しい学区割りについては東区役所まで直接お問い合わせください。
東区役所:TEL(052)935-2271
特別学級▶なし
進学先▶名古屋市立桜丘中学校

名古屋市立明倫小学校の画像1

  • 名古屋市立明倫小学校の画像1
  • 名古屋市立明倫小学校の画像2
  • 名古屋市立明倫小学校の画像3
  • 名古屋市立明倫小学校の画像4
  • 名古屋市立明倫小学校の画像5

名古屋市立明倫小学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市東区出来町1丁目8-1 MAP
交通 名鉄瀬戸線 森下駅
みなとみらい線 馬車道駅
中央線 大曽根駅
電話 052-936-0501
営業時間 名古屋市立明倫小学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL https://www.nagoya-c.ed.jp/school/meirin-e/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【明倫小学校について】
お子さまをお持ちのご家庭が物件を探すとき、通学学区を優先する方も多いのではないでしょうか?学区内の住環境や教育環境の良し悪しで、物件選びをする方もいらっしゃるでしょう。今回は名古屋市東区に引っ越しを検討中の方に向け、名古屋市立明倫小学校の特徴や概要をご紹介します。学区内の住環境についてもまとめましたので、ぜひ参考になさってください。

【明倫小学校の特徴】
まずは、名古屋市東区にある名古屋市立明倫小学校の特徴をご紹介します。
<数少ない歴史的な小学校>
名古屋市立明倫小学校は明治6年に第28義校として開学し、140年以上の歴史を持つ小学校です。名古屋市でも数少ない伝統ある小学校のひとつとして、たくさんの卒業生を送り出しています。明治26年には、古新尋常小学校として現在の場所に開校しました。昭和に入ってからは戦災で校舎が消失したり、山口国民学校や旭丘小学校と統合したりと、さまざまな歴史を歩んできたのが特徴です。昭和36年に名古屋市立明倫小学校として、分離独立開校しています。
<ユニークな校舎が特徴>
名古屋市東区にある明倫小学校の特徴は、ユニークでデザイン性のある校舎です。正面玄関は、古代ギリシアのパルテノン神殿を思わせるユニークなものとなっています。校舎はデザイン都市名古屋の象徴的な建物で、学区民に親しまれているのが特徴です。
<目指す子ども像>
名古屋市東区にある明倫小学校では、目指す子ども像を下記のように定めています。
●協働的な学びをとおして、主体的・対話的に学ぶ児童
名古屋市では子ども一人ひとりの興味や関心、能力や進度に応じた「個別最適な学び」と、「協働的な学び」を充実させることを推進しています。明倫小学校でも主体的な学びを充実させつつ、各教科の特質や学習目標を基に、個別最適かつ協働的な学びを取り入れています。また、目指す児童像に迫るため、学年ごとに下記の「育てたい児童像」を設定中です。
●交流や学び合いをとおし、主体的・対話的に取り組める児童
●主体的に調べる活動に取り組み、友だちと対話できる児童
●友だちの考えの良さに気付き、自分の考えを広げたり深めたりできる児童
●気付いたことや考えたことを基に、友だちと対話できる児童
上記のような児童を育てるため、低・中・高学年部会をつくり、学年ごとにテーマにそった年間計画を作成しています。めあて(問題意識を生み出す活動)をつかみ、自分の考えをまとめたり仲間と対話したり(追究する活動)しながら、個別最適かつ協働的に学んでいるのが特徴です。授業のあとにはまとめ(振り返る活動)をおこない、めあてに対するまとめを自分の言葉で表現したり、新たな疑問を表現したりします。いろいろな意見に触れ、思考を広げることも、明倫小学校が目指す児童像のひとつといえるでしょう。

【明倫小学校学区の住環境】
次に名古屋市東区にある明倫小学校学区の住環境をチェックしましょう。
<歴史的な施設に恵まれた落ち着いた住環境>
明倫小学校学区は徳源寺などの寺院をはじめ、世界的な文化遺産として有名な、源氏物語絵巻を収蔵する徳川美術館に隣接しています。徳川美術館とは、昭和10年に開館した歴史と由緒ある美術館です。江戸時代の大名家「尾張徳川家」に伝えられた重宝(大名道具)が収蔵され、徳川家康の遺品など、約1万余りの遺愛品が保存されています。国宝9件、重要文化財59件、重要美術品46件を含み、徳川美術館ならではの種類の多さや質の高さ、保存状態の良さを誇る、魅力的な美術館といえるでしょう。歴史の勉強にも役立つスポットのため、名古屋市東区に引っ越ししたときは、ぜひご家族で足を運んでみてください。
●所在地:愛知県名古屋市東区徳川町1017
●開館時間:10:00から17:00(入館は16:30まで)
●休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は直後の平日)、年末年始
●アクセス方法:JR中央線「大曽根」駅より徒歩約10分
●駐車場:あり
<学習塾が充実した街>
名古屋市東区にある明倫小学校学区には、下記の学習塾があります。
●完全個別松陰塾 徳川明倫校
●個別指導キャンパス 古出来校
●ITTO個別指導学院 名古屋出来町校
●京進 千種校
●公文式 大松教室
上記以外にもたくさんの学習塾があるため、教育への関心度が高いエリアといえます。集団塾と個別塾どちらも充実していますが、どちらかというと個別塾のほうが多い印象です。お子さまをお持ちのご家庭が引っ越しするとき、住環境だけでなく、教育環境もあらかじめチェックしておきたいポイントですよね。学習塾が充実した明倫小学校学区なら、高い学力や自ら勉強する習慣が身に付くでしょう。
<利便性の高い第1種住居地域>
名古屋市東区の明倫小学校学区は、第1種住居地域に該当します。第1種住居地域とは住居系用途地域のひとつで、良好な住環境を保護することが目的のエリアです。住居専用地域ではないため、住宅のほかに商業施設や公共施設、病院や学校などが建築でき、利便性の高い街となっています。閑静な住環境を保ちつつ、生活に便利な施設が揃うのは、明倫小学校学区ならではの魅力ですね。また、第1種住居地域は商業施設や事務所が多いため、街灯が十分にあり、常に人目があるのがメリットです。お子さまの登下校や夜間の帰宅時に、防犯対策がしやすいのも大きな魅力ではないでしょうか?

【明倫小学校の概要と口コミ評価】
最後に、名古屋市東区にある明倫小学校の概要と口コミ評価をご紹介します。
<概要>
明倫小学校の概要は下記のとおりです。
●住所:愛知県名古屋市東区出来町1-8-1
●アクセス方法:市バス「徳川園新出来」より徒歩約5分
●児童数:305名(1年生41名、2年生45名、3年生52名、4年生62名、5年生49名、6年生53名)
概要からは、各学年50名から60名前後の小規模な小学校であることがわかります。各学年2クラスのみなので、学年関係なく友だちに恵まれそうですね。また、最寄りのバス停からは徒歩約5分の好立地にあります。イベントなどで来校するときや、校外学習のときもスムーズに移動できるでしょう。
<口コミ評価>
明倫小学校には、下記の口コミが投稿されています。
●明治時代に開校した伝統ある小学校です。近くに徳川美術館があり、教育熱心な家庭が多いです。
●綺麗な校舎が魅力です。すぐ隣がグラウンド付きの公園となり、放課後の遊び場にも恵まれています。
●広々とした運動場やプール、体育館があり部活動も盛ん。
●子どもたちみんな仲が良い。
明倫小学校にはたくさんの良い口コミが寄せられています。そのなかでも伝統的な小学校であることや、住環境の良さに関する声が目立ちました。児童数が少ないため、子どもたちの仲の良さも高く評価されています。小学校を軸に物件探しをするときは、小学校の概要や教育理念を知ることはもちろん、どのような評価を受けているのかも知っておくべきポイントです。高評価の口コミが多い明倫小学校は、安心して通える小学校といえますね。

【まとめ】
名古屋市東区に引っ越しを検討中の方に向け、明倫小学校の特徴や学区内の住環境、概要をご紹介しました。明倫小学校は歴史的なスポットに恵まれ、口コミ評価も高い小学校です。特徴や概要を参考にしていただき、ぜひ学区内で素敵な新生活を始めましょう。

名古屋市立明倫小学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約