電話番号

営業時間:
OPEN 10:00 ▶ CLOSE 17:00
定休日:
日曜日(年末年始は連休を頂きます)

チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市千種区 > 名古屋市千種区の中学校 > 名古屋市立猪子石中学校

名古屋市立猪子石中学校

【名古屋市立猪子石中学校に通える小学校】
●名古屋市立蓬来小学校
●名古屋市立平和が丘小学校
特別学級▶自閉症・情緒障害学級あり
住宅密集地にあります。部活動では、女子バスケ部に全国大会優勝などの経歴があります。なお、学校自体は千種区の宮根小学校区内にありますが、宮根側から通学することはできません。

名古屋市立猪子石中学校の画像1

  • 名古屋市立猪子石中学校の画像1
  • 名古屋市立猪子石中学校の画像2
  • 名古屋市立猪子石中学校の画像3
  • 名古屋市立猪子石中学校の画像4
  • 名古屋市立猪子石中学校の画像5

名古屋市立猪子石中学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市千種区千代が丘2-5 MAP
交通 名古屋市営名城線 自由ヶ丘駅
名古屋市営名城線 茶屋ヶ坂駅
名古屋市営東山線 一社駅
電話 052-773-8881
営業時間 名古屋市立猪子石中学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL https://www.nagoya-c.ed.jp/school/inokoishi-j/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【猪子石中学校について】
名古屋市名東区は学校や公園が多く、子育てしやすい街として知られています。インターチェンジや鉄道の交通利便性が良いため、いわゆる転勤族と呼ばれる方が多く住み、学校も転校生の受け入れに慣れているのが特徴です。今回はそんな名東区にある猪子石中学校にスポットを当て、教育目標や学区内の住環境、学校の概要を詳しくご紹介します。名古屋市名東区に引っ越しを考えている方は、ぜひ参考になさってください。

【猪子石中学校の教育目標や努力目標】
まずは猪子石中学校のグランドデザインのひとつ、教育目標や努力目標を見ていきましょう。猪子石中学校における教育目標の概要は、以下のとおりです。
●基礎的・基本的な学力の定着を図るとともに、個性・能力の伸長に努める
●道徳的実践力の育成を図るとともに、基本的な生活習慣の形成に努める
●強健な体と体力の向上を図るとともに、健康で安全な生活態度を養う
●自ら学ぶ意欲と時代や社会の変化に対応できる能力の育成に努める
猪子石中学校には学力の定着と体力の向上、豊かな心を育むための教育目標が定められています。
<努力目標>
2021年(令和3年)度の名古屋市学校教育の努力目標は、「仲間と学び、夢を創る」です。生徒が将来の夢を抱き、他社と協力しながら確実に学び合いを進めることができるよう、このような努力目標が定められました。「仲間と学び、夢を創る」を合言葉に、次のような内容が設定されています。
●すべての子どもに対し、一人ひとりに応じた個別最適化された学びを提供し、主体的・対話的な深い学びを実現する授業改善の推進
●子どもがキャリア教育を含む多様な学びをとおして、自分の良さに気づいて夢を抱き、実現に向けて自他を大切にしながらたくましく生きることができるようにする
仲間との対話を大切にし、主体的に学ぶことを推進したり、人生をたくましく生きる力を身に付けたりするのが重点事項となっています。
<学校努力点>
猪子石中学校では教育目標と昨年度の成果と課題を受け、学校努力点を次のように設定しています。
●考動しよう!~自分で考え、行動に移すことができる生徒の育成~
この学校努力点をクリアするために、授業づくりの見直しや工夫をおこなったり、人間関係の形成や社会形成能力に重点を置いたキャリア教育を実施したりしています。また、委員会や学年行事などの学校生活をとおして、他者を思いやる心や自ら考えて行動に移せる場面を多く設定しているのも特徴です。
<目指す生徒の姿>
猪子石中学校では「夢を実現するために目標を決め、一歩ずつ取り組む生徒」や、「自他を大切にする生徒」、「正しく判断し行動する生徒」を目指す生徒の姿として定めています。教育目標を達成するための、具体的な生徒像や活動内容がわかりますね。明確な教育目標を設定している猪子石中学校に入学することで、心身の大きな成長が期待できそうです。

【猪子石中学校周辺の住環境】
次に猪子石中学校周辺の住環境を見ていきましょう。
<住環境の概要や特徴は?>
平和公園にほど近く、マンションや団地がずらりと並ぶ住環境です。冒頭でもご紹介したとおり、転勤の多い方に好まれるエリアのため、転入者を対象にしたと思われる高級レストランやスーパーマーケットがたくさんあります。名東区の猪子石中学校は、平和が丘学区と蓬来学区に属しており、それぞれの住環境や特徴は以下のとおりです。
●平和が丘学区
平和が丘学区には、幼稚園から大学までの教育機関があり、そのすべてが学区連絡協議会の委員となっています。学区内の諸活動と学校が連携できるような仕組みを構築するため、2019年(令和元年)に学校連携センターが発足されました。学校連携センターは学校が有する資源を地域の課題に役立てたり、連携事業に関するプロジェクト活動を発信したり、大規模災害における支援協力の推進などをおこなっています。また、防災安心調査(学区内全世帯を対象とした調査)を実施しているのも、平和が丘エリアの大きな特徴です。いつ起こるかわからない大地震に備え、地域住民を守るための基礎資料として、安否確認や救命、救護や支援物資の数などを毎年更新しています。
●蓬来学区
蓬来学区は3,600世帯8,000人が暮らす街で、お子さまがのびのびと育つ住環境です。明るくて活発なお子さまが多く、スポーツを指導するボランティアの方が多くいます。ソフトボールや野球、バスケットボールや卓球など、さまざまなスポーツが盛んな街なので、運動を身近に感じられそうです。
<学習塾の充実度は?>
名東区にある猪子石中学校周辺には、次のような学習塾があります。
●アンイングリッシュクラブ清水駅前教室
●公文式泉教室
●アライブインターナショナルプリスクール東校
●ステップワールド英語スクール第一東片端教室
●サクセスゼミナール本部校
●佐鳴予備校黒川校

名古屋市立猪子石中学校周辺にはたくさんの学習塾があることがわかります。ファミリーが引っ越しする際、その土地の概要や利便性だけでなく、「周辺の住環境を重視する」という方も多いのではないでしょうか?住みやすさを左右する住環境は、物件探しに含めたい条件のひとつともいえます。地域の団結力が強く、学習環境が整った猪子石中学校学区は子育てにぴったりの街ですね。

【猪子石中学校の概要や評判は?】
最後に猪子石中の概要や評判、猪子石中学校に進学する子が通う小学校をご紹介します。
<概要>
名古屋市立猪子石中学校の概要は以下のとおりです。
●住所:愛知県名古屋市千種区千代が丘2-5
●アクセス:名古屋市営地下鉄東山線「一社」駅から市バス「猪子石中学前」下車、名古屋市営地下鉄名城線「自由が丘」駅から市バス「猪高車庫」下車
<進学する子が通う小学校は?>
名東区にある猪子石中学校に進学する子が通う小学校は、名東区にある名古屋市立平和が丘小学校と蓬来小学校です。猪子石中学校の住所は千種区になりますが、通学は名東区からとなります。
<口コミ評価>
名東区にある猪子石中学校には、次のような口コミが寄せられています。
●いじめの話は聞いたことがない。子どもにもときどき話を聞いてみるが、なにもないと話している。
●教育目標のとおり、先生方が熱心で生徒との関係も良好だと思う。コロナ渦で学校行事が制限されているなか、いろいろと模索してくれ、可能な限り対応してくれた。この学校に入って良かったと思っている。
●テスト前などわからない問題に対しては、放課後に先生が教えてくれるので助かりました。
●土地柄、周辺は比較的偏差値の高い学校が多くあります。進路相談は保護者会だけでなく個別に対応してくれました。
●生徒の仲は良く、若い先生は子どもたちと近い感覚で熱心です。ベテランの先生は愛情をたっぷり注いでくれます。
このように猪子石中学校には、高評価の口コミが多く寄せられています。とくに先生が熱心という口コミが多いですね。お子さまが入学する予定の学校がどのような評価を受けているのか、気になる方も多いのではないでしょうか?猪子石中学校なら良い口コミが多いので、安心して通うことができるでしょう。

【まとめ】
今回は名古屋市立猪子石中学校の教育目標や、学区内の住環境、学校の概要を詳しくご紹介しました。猪子石中学校周辺は教育環境や住環境が整った住みやすいエリアです。

名古屋市立猪子石中学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約