電話番号

営業時間:
OPEN 10:00 ▶ CLOSE 17:00
定休日:
日曜日(年末年始は連休を頂きます)

チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市千種区 > 名古屋市千種区の中学校 > 名古屋市立若水中学校

名古屋市立若水中学校

【名古屋市立若水中学校に通える小学校】
●名古屋市立高見小学校
●名古屋市立春岡小学校
特別学級▶知的障害学級、自閉症・情緒障害学級あり
戦前、名古屋陸軍造兵厰千種製作所工場があった場所に立てられています。週に1時間の「Wakamizu Time」では、生徒一人一人がひとつの研究テーマを決め、1年を通して研究を行い最終発表会を行います。

名古屋市立若水中学校の画像1

  • 名古屋市立若水中学校の画像1
  • 名古屋市立若水中学校の画像2
  • 名古屋市立若水中学校の画像3
  • 名古屋市立若水中学校の画像4
  • 名古屋市立若水中学校の画像5

名古屋市立若水中学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市千種区若水2丁目6-1 MAP
交通 名古屋市営東山線 池下駅
名古屋市営東山線 今池駅
名古屋市営東山線 覚王山駅
電話 052-721-3336
営業時間 名古屋市立若水中学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL https://www.nagoya-c.ed.jp/school/wakamizu-j/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【若水中学校について】
小学生のお子さまをもつご家族にとって、次に進学する中学校の教育目標や学校内の雰囲気はぜひ知っておきたいポイントですよね。そこで今回は愛知県名古屋市千種区に引っ越しを予定されているファミリーに向けて、名古屋市立若水中学校について特集。名古屋市立若水中学校の概要や特徴、卒業生の保護者による口コミをピックアップしてご紹介します。さらに通学区域や該当する小学校についてもまとめていますので、お子さまのための情報としてぜひ参考にしてみてください。

【立若水中学校の概要と教育目標】
千種区の名古屋市立若水中学校は昭和37年に開校し、60年近い歴史を誇る中学校です。緑豊かな住宅地域に位置し、周囲には千種公園や高等学校、千種聾学校、東部医療センターなどがあります。名古屋市立若水中学校は、戦前の名古屋陸軍造兵厰千種製作所の工場跡に建てられています。このあたりは名古屋空襲で激しい空襲に見舞われ、戦後の復興計画で学校・病院・公園の集まる「平和と憩い」の地域に。校庭にある榎の木は、当時の千種製作所正門当たりに植えられていた防火林の中の1本を植え替えたものです。そんな歴史をもつ同中学校の合い言葉は「チャレンジ若水」。何事においても生徒が最後まであきらめず、努力することを教育活動の主眼において日々実践しています。
<立若水中学校の概要>
●所在地:愛知県名古屋市千種区若水二丁目6-1
●最寄り駅:名古屋市営地下鉄東山線「池下」駅・「今池」駅、「若水三丁目」バス停
●生徒数:344名(男子182名・女子162名)2020年4月16日現在
●盛んな部活動:バレーボール部(男子)・バスケットボール部(女子)
<千種区にある名古屋市立若水中学校の教育目標>
●人や自然への優しい心・人権尊重の心・奉仕の心の育成
●分かる楽しさ、できる喜びを味わい、自分らしさを発揮した学ぶ力の育成
●自他の命を大切にし、運動に親しみ、健康で安全な生活への態度の育成
上記の教育目標に基づいておこなわれている具体的な教育活動および取り組みについては、以下のとおりです。
●生徒会活動の充実
●各種ボランティア活動の充実
●防災教育の充実
●進路指導・少人数指導の充実
●総合的な学習時間の充実
●学び合いの学習
●sDGsの教育(ユネスコスクール)
●教育相談活動の充実
●人権教育・道徳教育の充実
●道徳・職業講演会の実施
●仲間意識を高める学校行事の充実
●学校評価の実施

【若水中学校の特徴と口コミをチェック!】
続いて名古屋市立若水中学校の教育課程の特徴について見てみましょう。さらに名古屋市立若水中学校に通っていた保護者の方々による口コミも併せて紹介します。
<若水中学校の教育課程の特徴>
特徴①必須教科で基礎・基本の徹底
「個性は100%基礎的なことを身につけたことから生まれる」という山岡鉄舟の言葉を教育課程の基本とし、わかりやすい授業をとおして基礎的な知識と基本的な技能を身につけます。
特徴②総合的な学習は2つの観点で実施
仲間とともに1つのものを作り上げる活動をとおして、1人1人が個性を発揮したり、協力したりすることの大切さを理解し、自己の生き方について自覚を深め、他とともによりよく生きていこうとする力を培います。
特徴③中学校生活をかけがえのない人生のひとときにする各種行事
人生のなかで光輝く中学生の時期に、1つでも多くの思い出を残してほしいとの願いから、各種行事を用意。市内分散体験学習、稲武野外教育、合唱コンクール、修学旅行、生徒会主催のボランティア活動などを実施しています。
特徴④生徒の可能性の芽を育む学舎
子どもたちから「こころの扉」と呼ばれている名古屋市立若水中学校の相談室。
「こころの扉」ではスクールカウンセラー(臨床心理士)が子どもたちや保護者の相談に応じてくれます。
ときには友だちとゲームをしたり、絵を描いたり、寝ころんだり…「こころの扉」で思い思いに過ごすことから、子どもたちの相談がはじまることも。
悩んだり心が揺らいだりする時期の子どもたちにとって、「こころの扉」はなくてはならない場所となっているようです。
●相談対象:若水中学校の生徒および保護者
●申し込み方法:予約制
特徴⑤「スクールランチ」の実施
若水中学校をはじめ名古屋市の中学校では「楽しく、おいしく、バランスよく」を合い言葉にスクールランチを実施しています。スクールランチでは複数のメニューが用意され、各中学校に整備されたランチルームで会食。子どもたちや保護者の希望によって、家庭から弁当を持参することもできます。
<立若水中学校の口コミ>
「覚王山の高級住宅街に近く、治安はよいほうだと思う」(2019年入学)「合唱コンクールや文化祭、体育大会など行事に生徒一丸となって取り組み、学校の指導も熱心」(2019年入学)「不良生徒らしき生徒がおらず、安心して子どもを通わせることができる。また先生もしっかりと生徒を指導されているので安心」(2018年入学)「家庭環境のよい子どもが多く、落ち着いて学習できる」(2017年入学)「生徒と先生方の仲がよく、学校行事は大いに盛り上がります。また生徒指導などが行き届いていて、校則を違反する人もあまりいないので穏やかな学校だと思います」(2016年入学)「勉強や運動だけでなく、緑化運動や合唱コンクールなどに取り組み、仲間と協力し合う大切さを教えてくれます」(2015年入学)「地下鉄の駅からも近く、アクセスはよいと思います。最寄り駅が池下なのでどこへ行くにも便利です」(2015年入学)「学校行事がすごく盛んで楽しそうした。先生方もやさしく自立させるような教育を心がけているようです」(2014年入学)「授業で愛知県の過去問をやったりして、受験対策をしっかり立てているようです」(2014年入学)

<若水中学校の通学区域と小学校>
名古屋市立小・中学校では通学する学校を自由に選択する制度を導入しておらず、住んでいる町や小学校によって進学する中学校が決まります。千種区の名古屋市立若水中学校の通学区域と、同区域に該当する小学校は以下のとおりです。
<若水中学校の通学区域/小学校>
●青柳町5丁目から6丁目/春岡小学校
●池下町/高見小学校
●池下1丁目/高見小学校
●池下2丁目/高見小学校
●今池5丁目/春岡小学校
●覚王山通7丁目/高見小学校
●向陽町/高見小学校
●向陽1丁目/高見小学校
●振甫町/高見小学校
●高見1丁目/高見小学校
●高見2丁目/高見小学校
●田代町字岩谷/高見小学校
●田代町字四観音道西/高見小学校・田代小学校※
●田代町字蝮池上/高見小学校
●千種町字茂左裏/高見小学校
●仲田町1丁目/高見小学校
●仲田町2丁目/高見小学校
●日進通1丁目/春岡小学校
●春岡通5丁目から6丁目/春岡小学校
●春岡1丁目/春岡小学校
●春岡2丁目/春岡小学校
●若水1丁目/高見小学校
●若水2丁目/高見小学校
●若水3丁目/高見小学校・上野小学校※
●※印の町名・学校については千種区役所へお問い合わせください。

【まとめ】
愛知県名古屋市千種区にある名古屋市立若水中学校の概要や特徴は、いかがでしたか?若水中学校は学校行事が盛んで、先生方も熱心に指導されているようですね。スクールカウンセラーのいる相談室「こころの扉」も、子どもたちの心のケアに役立っているようです。

名古屋市立若水中学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

  • 1K/28.27㎡
  • 7万円
  • 約1354m/17分

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約