電話番号

営業時間:
OPEN 10:00 ▶ CLOSE 17:00
定休日:
日曜日(年末年始は連休を頂きます)

チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市天白区 > 名古屋市天白区の小学校 > 名古屋市立原小学校

名古屋市立原小学校

【名古屋市立原小学校に通える町名一覧】
天白町(大字平針字上原、天白町大字平針字黒石※)/中平1丁目、2丁目、5丁目/原2丁目~5丁目
※マークの付いた町名・番地は他の学区と一部重複していますので、詳しい学区割りについては天白区役所まで直接お問い合わせください。
天白区役所:TEL(052)803-1111
特別学級▶なし
進学先▶名古屋市立原中学校

名古屋市立原小学校の画像1

  • 名古屋市立原小学校の画像1
  • 名古屋市立原小学校の画像2
  • 名古屋市立原小学校の画像3
  • 名古屋市立原小学校の画像4
  • 名古屋市立原小学校の画像5

名古屋市立原小学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市天白区原5丁目601 MAP
交通 名古屋市営鶴舞線 原駅
名古屋市営鶴舞線 平針駅
名古屋市営鶴舞線 植田駅
電話 052-802-8551
営業時間 名古屋市立原小学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL https://www.nagoya-c.ed.jp/school/hara-e/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【原小学校について】
名古屋市の東部に位置する天白区は、住宅地が広がる閑静な住環境です。そのためファミリーからの人気が根強く、移住を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな天白区には、原小学校という小学校があります。今回は原小学校の教育目標や学区内の住環境、概要をご紹介していきますので、名古屋市天白区でお住まいを探している、子育て中の方はぜひ参考になさってください。

【原小学校の教育目標やいじめ防止対策】
まずは天白区の原小学校が掲げる、教育目標やいじめ防止基本方針について見ていきましょう。
<教育目標(グランドデザイン)>
天白区の原小学校が掲げる教育目標は、以下のとおりです。
●人間性豊かで心身ともに健全な児童の育成
この教育目標を達成するために、「すすんで学ぶ子」「人・自然・物を大切にする子」「明るく元気に生活する子」を目指しています。また教育目標とともに、重点する主な教育活動として以下のことが挙げられます。
●学力・学習力向上:主体的な学びを充実させ、外国語教育やタブレットを活用した授業の工夫
●人間関係づくり:人権意識を培ういじめ防止教育や、新しい生活様式での人との関わり方、SNSなどでの情報モラル教育の充実
●心の教育の充実:自他の命を大切にする心の育成と、不登校や虐待などへの早期対応
●健康・体力向上:楽しく体を動かすために体育授業を工夫し、家庭と連携した食育指導、自他の健康に関心を持つ保健指導の実施
●主体的・体験的活動の充実:主体意識を育てる委員会活動や専門講師を活用した体験的な活動、多様な学びを促す総合的な学習を実施
●安心・安全な学校:保護者や地域と連携した見守り活動や、自分の命を守る交通訓練や防災訓練、緊急メールによる迅速な情報伝達
●個に応じた指導:個性や時代に応じた規則や、柔軟な指導と支援計画
天白区の原小学校では、具体的な教育活動が設定されていることが伺えます。学力だけでなく体力面や精神面の学びもおこなっているので、心も身体も大きく成長できそうです。
<いじめ防止基本方針>
天白区の原小学校ではいじめ対策として、以下の取り組みを実施中です。
●未然防止:いじめが起きにくい、またいじめを許さない風土づくりをおこない、教職員の資質向上(研修や措置)に努めています。またいじめ防止基本方針といじめ防止対策委員会の存在と活動を、児童・保護者に周知させ、いじめの未然防止に取り組んでいるのが特徴です。
●早期発見:いじめの疑いに関する情報や児童の問題行動などを記録・共有し、いじめを察知した際は委員会の臨時開催や聞き取り調査をおこない、いじめであるか否かを判断します。万が一いじめが発覚した際は、いじめを受けた児童のサポートと支援を最優先してくれるので、安心して通うことができそうです。また、いじめをおこなった児童に対しては、保護者と連携し指導の仕方や対応方針を組織的におこないます。必要に応じて学校カウンセラーや警察署、児童相談所といった外部専門機関への相談もおこなっています。
<学校努力点>
原小学校の学校努力点は、以下のとおりです。
●主体的に学ぶ「原っ子の育成」~タブレット端末を活用した指導をとおして~
近年は小学校でもタブレットの利用が進んでいますよね。原小学校もタブレットを上手に活用した、主体的かつ対話的な深い授業に取り組んでいます。

【原小学校区内の公園や住環境】
次に原小学校区内の公園や住環境を見ていきましょう。
<天白公園>
天白公園は天白小学校との境にある公園です。その名のとおり天白区を代表する公園で、広い芝生広場や大きな滑り台付きの遊具などが揃っています。地域住民とボランティアにより運営されている冒険広場、「てんぱくプレーパーク」は、お子さま自身が遊び道具をつくれる人気のゾーンです。バーベキューコーナーも公園内に併設されているので、家族みんなで楽しめるスポットといえるでしょう。
<大根池>
天白公園の目玉といっても過言ではない大根池(おおねいけ)は、2011年(平成23年)に外来魚駆除の池干しを実施した池です。ライギョやへらぶな、鯉が捕獲・確認され、池の周辺はたくさんの自然に囲まれています。自然の中でリフレッシュしたいときや、静かな場所でのんびりしたいときは、天白公園内の大根池を訪れてみてください。有料ですが駐車場も完備されているので、車での利用もOKです。このように天白区の原小学校エリアは、公園や多くの自然に恵まれた住環境となっています。日常的に足を運ぶだけでなく、休日のお出かけスポットとしてもおすすめです。引っ越し先の住環境は住みやすさにつながるので、重視する方も多いのではないでしょうか?良好な住環境を求める方は、原小学校周辺がぴったりかもしれません。
<東海学園大学名古屋キャンパス>
原小学校の近くには、東海学園大学名古屋キャンパスがあります。東海学園大学名古屋キャンパスは、閑静な住環境の中にある教育施設です。図書館やラーニング・コモンズなど学びを深めるための施設が充実し、通学に便利な立地にあります。人文学部や心理学部、教育学部や健康栄養学部があるので、すすみたい道に合わせて選べるでしょう。お子さまを持つ方であれば、移住先にどのような教育機関があるのか気になりますよね。

【原小学校の概要と進学先の中学校】
最後に原小学校の概要と、進学先の中学校や寄せられている口コミをご紹介します。
<概要>
原小学校の概要は以下のとおりです。
●住所:名古屋市天白区原5丁目601
●児童数:1年生107名、2年生116名、3年生120名、4年生123名、5年生116名、6年生107名、ひまわり8名、合計697名
<進学先の中学校は>
原小学校を卒業後は、名古屋市立原中学校に進学します。生徒が生涯にわたって望ましい成長を続けていけるよう、基盤となる力を育て、心身ともに調和のとれた人間形成が主な教育目標です。原中学校の概要は、以下のとおりです。
●住所:名古屋市天白区原4丁目1902-1
●生徒数:1年生143名、2年生166名、3年生151名、合計460名
平針北小学校からも入学してくるので、友だちがたくさんできそうです。
<寄せられている口コミ>
天白区の原小学校に寄せられている口コミを、以下にまとめました。
●バスケ部に入っていたのですが、先生が熱心なので本人も頑張っています。運動会なども見ていて楽しいですし、生徒がモチベーションアップできるよう、上手く導いてくれています。
●近隣に居住している人が転勤族のため、学校でも溶け込みやすいと聞き、そのとおりだったので安心しました。
●通学路に死角になるような場所がないので安心。
原小学校には高評価の口コミが多く寄せられています。口コミによると学業だけでなく、部活動にも力を入れていることが伺えますね。通学路に死角がなく、安心して登下校できるのも大きな魅力といえるでしょう。学校の概要や雰囲気は、事前にある程度把握できますが、実際に入学してみてわかることも多いです。原小学校卒業後は、口コミ評価の高い原中学校に進学できるので、安心して通えるかと思います。

【まとめ】
原小学校の教育目標や学区内の住環境、概要を詳しくご紹介しました。原小学校の持つ魅力や概要、周辺の住みやすさなどがおわかりいただけたかと思います。

名古屋市立原小学校の近くの物件

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

詳細を見る

トップへ戻る

来店予約