電話番号

営業時間:
OPEN 10:00 ▶ CLOSE 17:00
定休日:
日曜日(年末年始は連休を頂きます)

チンタイドットコム > 周辺施設案内 > 名古屋市名東区 > 名古屋市名東区の小学校 > 名古屋市立梅森坂小学校

名古屋市立梅森坂小学校

【名古屋市立梅森坂小学校に通える町名一覧】
梅森坂西1丁目~2丁目/梅森坂2丁目~3丁目※/梅森坂4丁目~5丁目
※マークの付いた町名・番地は他の学区と一部重複していますので、詳しい学区割りについては名東区役所まで直接お問い合わせください。
名東区役所:TEL(052)773-1111
特別学級▶知的障害学級あり
進学先▶名古屋市立牧の池中学校

名古屋市立梅森坂小学校の画像1

  • 名古屋市立梅森坂小学校の画像1
  • 名古屋市立梅森坂小学校の画像2
  • 名古屋市立梅森坂小学校の画像3
  • 名古屋市立梅森坂小学校の画像4
  • 名古屋市立梅森坂小学校の画像5

名古屋市立梅森坂小学校の詳細情報

所在地 愛知県名古屋市名東区梅森坂4丁目201 MAP
交通 名古屋市営鶴舞線 赤池駅
名古屋市営鶴舞線 平針駅
名古屋市営鶴舞線 原駅
電話 052-702-1600
営業時間 名古屋市立梅森坂小学校まで直接お問い合わせください
定休日 土曜日・日曜日(春休み・夏休み・冬休みなどの長期連休あり)
URL https://www.nagoya-c.ed.jp/school/umemorizaka-e/
細川 一平/ シーオーエム(株)の画像細川 一平/ シーオーエム(株)
【梅森坂小学校について】
未就学児や小学生のお子さまをもつファミリーにとって転居先の小学校の特徴は気になりますし、情報収集は重要なポイントですよね。お子さまを通わせる小学校の歴史や教育方針、周辺施設などの特徴についても事前にしっかり把握しておきたいもの。そこで今回は名古屋市名東区へ引越しを予定されているファミリーに向けて、名古屋市立梅森坂小学校の特徴をピックアップしてご紹介!梅森坂小学校の特徴ある歴史や教育方針、周辺施設をまとめてお届けしますので、ぜひ参考にしてみてください。

【梅森坂小学校の特徴①歴史をチェック】
名古屋市立梅森坂小学校は名古屋市東部の緑豊かな丘陵地帯にあり、校名は学校の所在地に由来しています。ここではそんな梅森坂小学校の特徴として欠かせない、開校からの歴史と学区の歴史についてまとめてみました。
<梅森坂小学校の歴史>
●昭和46年 植田小学校分校として開校
●昭和48年 梅森坂小学校として独立開校
●昭和50年 名東区独立・梅森坂学区は昭和区から名東区へ
●昭和51年 校歌発表
●平成12年 緞帳完成
●平成16年 体育館耐震工事
●平成17年 校舎耐震工事
●平成18年 トワイライトスクール設営(現在はトワイライトルーム)
●平成28年 普通教室空調工事
名古屋市立梅森坂小学校は、昭和46年に植田小学校分校として開校した歴史ある小学校です。体育館や校舎の耐震工事、普通教室の空調工事も施されているため子どもたちも快適に、安心して学校生活を送れそうです。またトワイライトルームは、すべての子どもがさまざまな活動をとおして自己の興味関心を知り、喜びや達成感を味わうことで、自主性や社会性などを育む役割を持つとともに、留守家庭などの子どもがくつろぎを感じて過ごせるよう名古屋市の小学校施設内に開設されているもの。梅森坂小学校のトワイライトルームは、梅森坂小学校に通う児童であれば誰でも利用できます。
<梅森坂小学校の学区の歴史>
梅森坂小学校の近くでは、5世紀後半から8世紀前半のものと思われる窯跡が見つかっています。この窯跡は、東山古窯址群に含まれ、東山古窯址群はやがて東、北、南方面に伝えられて猿投山西南山麓古窯址群を形成。奈良時代中頃には猪高にも伝わり、日進、東郷、猿投から瀬戸へと伝えられて瀬戸焼に、猿投から緑区、知多、常滑に伝わったものが常滑焼となりました。梅森坂小学校のある地域は、瀬戸焼、常滑焼といった有名な焼き物のルーツでもあるのですね。こうした学区の歴史を知ることも、地域に愛着を持つきっかけになりそうです。
<梅森坂小学校のその他の概要>
●所在地:名古屋市名東区梅森坂4-201
●児童数:251名(2020年度)
●教員数:22名(2020年度)
●学区:梅森坂4丁目・梅森坂5丁目・梅森坂西1丁目・梅森坂西2丁目・梅森坂2丁目(一部)・梅森坂3丁目(一部)

【梅森坂小学校の特徴②教育方針をチェック】
続いて小学校の特徴を語るうえで外すことのできない教育方針について確認しておきましょう。ここでは梅森坂小学校の主な教育方針として、学校教育目標・学校努力点・いじめ防止基本方針のポイントを抜粋してお伝えします。
<教育方針の特徴①学校教育目標・学校努力点>
梅森坂小学校では学校教育目標として以下のような子ども像をあげ、健全な子どもたちの育成をめざした学校教育をおこなっています。
●よく考える子(思考)
●進んでおこなう子(実践)
●がんばる子(努力)
●力を合わせる子(協力)
また「仲間づくりと思いやりの心の育成」として、以下のような活動を実施。
●互いに認め合う学級
●異学年とのペア活動
●全校でふれあう「児童集会」
●梅ちゃんまつりでの自主的な活動
さらに梅森坂小学校の学校努力点としては「できた」「わかった」が感じされる梅森坂の子どもの育成を掲げ、「なかまと学び  夢を創る」という名古屋市学校教育の努力目標にも注力。「なかまとの対話を大切にし、主体的に学ぶ子ども」「自他を大切にし、人生をたくましく生きる力を備えた子ども」の育成をめざしています。
<教育方針の特徴②いじめ防止基本方針>
梅森坂小学校をはじめ名古屋市立の小学校では共通の基本方針を打ち出し、いじめ防止策として以下のような対策を図っています。
「いじめ防止基本方針の基本理念」
●すべての児童が安心して学校生活を送り、さまざまな活動に取り組めるよう、学校内外を問わずいじめがおこなわれないようにする
●すべての児童がいじめをおこなわず、いじめを認識しながら放置することのないよう理解を深める
●いじめを受けた児童の生命・心身保護の重要性を認識し、各機関との連携のもと、いじめ問題を克服する
近年、とくに問題となっているいじめについては心配が尽きませんが、名古屋市一丸となって取り組む姿勢は、小学生の子どもを持つファミリーにとってとても心強いのではないでしょうか。

【梅森坂小学校の特徴③周辺施設をチェック】
最後に、名東区に引越しをお考えの方に役立つ梅森エリアの主な周辺施設をご紹介しましょう。
<特徴となる周辺施設①牧野ヶ池緑地>
牧野ヶ池緑地は名古屋市名東区にあり、梅森坂小学校から徒歩約10分。約150haもの敷地を誇る都市公園として、近隣の人々に親しまれています。「牧野池」を背景に森林浴したり、神秘的な光が射す「竹の小径」を心静かに散策たり。もちろん子どもたちが思いっきり遊びまわれる広場も特徴豊かに揃っており、ロープで作られたジャングルジムが大人気の「わいわい広場」や「ぼうけん広場」は、遊び盛りの小学生も大満足間違いなし!そのほか、木製の素朴な階段が周囲とマッチする「展望台」や「ゲートボール場」「児童野球コーナー」など、子どもからお年寄りまで楽しめる特徴満載です。
●所在地:名古屋市名東区猪高町大字高針字梅森坂52-175
●休業日:月曜(祝日および祝日代休日と重なる場合は最初の平日)・年末年始(12/29から1/3)
●駐車場利用時間:8:30から19:30
●駐車場:東口駐車場176台・西口北側駐車場67台・西口南側駐車場106台(無料)
●交通アクセス:名鉄バス「梅森坂口」下車徒歩約5分、名古屋市バス「梅森坂」下車徒歩約2分
<特徴となる周辺施設②名東区梅森坂周辺のショッピングモール>
名東区梅森坂学区内には、ファミリーで気軽に利用できるショッピングモールもいろいろ!近くにお出かけの際には、ぜひ立ち寄ってみてください。
「Mio香久山コンテ・ウノ」
大型書店からカフェ、サロンまで暮らしにうれしいショップが揃った、3エリアからなる複合商業施設。家族でお買い物したり、食事をしたり、お散歩するだけでも楽しそうです。
●所在地:愛知県日進市香久山4-201-3
●駐車場:152台
「日進竹の山ショッピングセンター」
●所在地:愛知県日進市竹の山2-109
「ユータウンながくて」
●所在地:愛知県長久手市市が同2-1313

【まとめ】
今回は梅森坂小学校の歴史や教育方針、周辺施設の情報をまとめてお届けしました。名古屋市立梅森坂小学校は、昭和46年に植田小学校分校として開校し、現在まで多くの卒業生を輩出している歴史ある小学校なのですね。また梅森坂小学校の学区では窯跡が見つかっていて、瀬戸焼や常滑焼のルーツとなっている歴史的背景も、とても興味深いポイント!

トップへ戻る

来店予約